ワイドナショー画像 ウーマンラッシュアワー村本大輔 ストーカー被害の詳細を語る 2015年8月2日
ストーカー事件は立件までが面倒ですが、ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんがその法整備への不満をぶつけました。
今週は全国の多くの被害者代表として、おふざけなしでしっかり語ってくれましたよ。


[スポンサーリンク]



被害者として登場

ウーマンラッシュアワー 村本大輔:
 

ストーカーですね、あの…警察の人が絡んでるからまだしゃべれないんですよ。

番組ナレーション:
 

ウーマンラッシュアワー村本大輔につきまとうなどの行為を繰り返した大学4年の女がストーカー規制法違反の容疑で逮捕されましたが、ラジオ番組で村本さんは「警察はストーカーに対してゆるい。何もしてくれない」と不信感をあらわにしたといいます。まだまだ言い足りないことがあるようです。

東野:

さ、えー今日は特別にご本人に解説してもらいます。村本さんよろしくお願いします。

村本:

(専門家が登場する時のように椅子を回転させて振り向く)
よろしくお願いします。

松本:

ふざけてんのかな今のそれ…笑

東野:

確認なんですけど、ふざけてんの?いやほんまに。

村本:

これはぜひ言いたいんですけど。村本が言ってるからこれはちょっとふざけてるみたいなことじゃなくて、本気で一回ちょっと聞いてもらいたい…


ワイドナショー画像 ウーマンラッシュアワー村本大輔 女子大生から受けたストーカー被害を語る 2015年8月2日

松本:

そうやんな。いやほんまそうやで。
ただこいつがタフなんは、このニュースが出た時に俺にメールしてくんのの早いこと。ワイドナショー出してください、僕はもう何でもしゃべりますっつって。

東野:

あーそう。

村本:

これを本当に言わなかったら、ずっと後悔しそうなぐらいのことなんですよ。

松本:

あーそうか。

東野:

よくネタにするけども、ほんとにちょっと怖い思いもしたし恐怖も感じた。

村本:

そう、恐怖も感じましたし。ちょっと訂正なんですけど。

東野:

教えてください。

村本:

なんか警察の方への不満をみたいなこと言ってたんですけども、警察の方への不満はそんな言ってないんですよ
法律的にまだ難しいから警察は何もできないっていうことを言ったんですけど、マスコミの方とかがちょっと警察批判の方にすり替えてるんです。
そのせいで僕、今も警察の人と打ち合わせしてるんですけど、めちゃめちゃ気まずいんですよ。警察批判してるみたいで。

松本:

ハハハ笑




2年前のストーカー事件

東野:

具体的にどういう風な被害に遭われたんですか?

村本:

2年ぐらい前に始まったんですけど。

東野:

女性の方ね、はい。

村本:

あの、中目黒の方に住んでて。そこで家が駅から15分ぐらいのところで、薄暗いところで。
家帰ったら家のポストに花が入ってたんですよ。それが青色の花が入ってて。で、ちょっとメッセージみたいなカードが入ってて、そこに「退屈させないでね」って書いてあったんです。

で、その紙の書き方なんかもちょっとね、あの酒鬼薔薇聖斗とかの手紙の書き方あるじゃないですか。なんかちょっとこう…

東野:

定規を使って書いたような、普通に書いた感じではないねや。

村本:

普通の字じゃない感じの書き方なんですよ。

松本:

あーそうか…


ワイドナショー画像 松本人志 長嶋一茂 ウーマン村本のストーカー被害に耳を傾ける 2015年8月2日

村本:

そん時ちょっとなんか…引いたらよけい来るかなと思って、押すしかないと思って。それツイッターに上げたんですね。
で、あの…僕はこれから何があってもこれを全部インターネットに上げますから、ストーカーお前の方が退屈させんなよみたいなことを、そん時は冗談で。いけるかなと思ってガッと下ろしたんですよ。

そしたらそっから急にその2週間後か2ヵ月後ぐらいに、家帰ったら黄色の花が入ってて。真っ黒の手紙だったんですよ。その真っ黒の手紙ってのが、僕の住所で真っ黒に塗りつぶされてたんです。

うわこれマジなやつやヤバいと思って、すぐ会社に助けてくれって電話…やばいですって。で、いったん放っとけって言われて、ほっといたんですよ。

次、赤の花が入ってたんです。で、手紙があって「ヒント 信号です」って書いてあったんです。青は安全、黄色はやや危険、赤危険っていうのを。

東野:

あーなるほど。

松本:

エスカレートして…

村本:

エスカレートして。危険という…今から行きますということかなと思って。うわヤバい怖い!と思って引っ越しの準備をしたんです、すぐに。
で、引っ越しの準備をしてた時の夜中の2時くらいに家のインターホンが鳴って。モニター見たら、狐のお面かぶった女が立ってたんです。

松本:

おぉ~。

村本:

うわ出たーと思って。出たと思って、僕はいったん戦ったんです。傘持って。

松本:

狐と。

秋元優里アナ:
 

対面したんですか?

村本:

もう行くしかないと思って出たんです。長い傘持ってね、APOのアポってかいた長いやつあるんです。

松本:

ハハハ笑

東野:

いやそんなんいらんねんって。漫談やないんやから真面目に聞きたいから笑

村本:

真面目にしゃべってるんです今。

松本:

そうそうそう。

村本:

で、立ち向かって行って。そしたら僕の傘振り回してるのにも全然怯みもせずグワーって近づいて来たんです。紙袋に手を突っ込んで。夜道の誰もいないところ。

で、ワー来て、耳元で「家の中に入れろ」って言われて。「いや無理です」って言って。で、「警察呼びますよ」って言って。警察呼びますよっておっきい声で言ってて110番して。

で、その子がどっかバーッと行って。で、110番して警察呼んで、一応なんか指紋が出てきて、もう近づいてはいけないという警告をしてもらったんです。それが2年前です。
で、そっから2年間、再三にわたって僕のところにやって来るんです。

東野:

えぇっ!? 2年間?




2年間も警告を無視

村本:

2年間、もうずっと。しかもこの手口が、ね?もうすごいんです。手紙がまずそもそもネットとかで、僕の過去関わりがあった女の子とかと…たぶん仲良くなったかわかんないですけど。
その情報をたぶん集めてかなんかして、その女の子になりすまして来るんです。手紙が。

東野:

あーなるほど。

村本:

しかもその手紙の内容がよくわかんないんですよ。

東野:

自分だとバレたら会ってくれへんから、違う人になりすましてってことやんね?


ワイドナショー画像 東野幸治 ウーマン村本のストーカー行為について質問 2015年8月2日

村本:

過激なファンとかじゃないですよ。けっこうメッセージ性が強くて、何を言ってるか…ちょっと変わった方で。

松本:

まぁそうなんやろなー。

東野:

これ結局その女性の方は逮捕され…

村本:

一応、逮捕されたんですよ。で、今回僕が言いたいのは、これね、警察の方と弁護士の方としゃべったんですけども。今回逮捕されて…絶対執行猶予がつくんですね。ってことは絶対出てくるんです。すぐ出てくるんです。

松本:

すぐ出るやろね。

村本:

すぐ出るのもそうですし、カウンセリングとかそういったのも受けさせないまま出てくるんです。だからおんなじ状態で出てくるんです


ストーカー規制法最高刑でも6ヵ月以下の懲役刑または50万円以下の罰金。

東野:

あーそっかー。

村本:

で、それがもう…ストーカーの取り締まる法律の限界なんですよね。




釈放も知らされない

東野:

一茂さんは現役時代、選手時代にはそういうストーカー被害には遭われたことないんですか?

長嶋一茂:
 

いやありましたね僕もね。そんな怖いものではなかったですけれども。

松本:

女の人?

一茂:

はい。最初はね、なんか噛んだガムが送られてきたんですよね。女性が…たぶん女性だと思うんですけど、噛んだあとの。


ワイドナショー画像 松本人志 長嶋一茂が受けたストーカー行為の内容に苦い顔 2015年8月2日

一茂:

その次にね、下着が来たんですよね。で、その次に使用済みの下着が来て、その次にナプキンが来て、タンポンが来て、最後に使い込んだタンポンが来て終わったっていう。

松本:

ハハハ笑 いやでも事実なんですよね。

東野:

確かにご本人にしたらすごく嫌ですけど。

一茂:

これ本当なんですよ。

村本:

これまた皆さんアーってなると思うんですけど。僕やってるラジオの終わりにいたんで、それを後輩がなんとかムービーで押さえて、写真撮りに行って。

東野:

証拠を…

村本:

で、撮りに行った翌々日ぐらいにまた劇場の外にいたんで警察呼んだんですよ。警察呼んで、警察の人が捕まえて、そのまま署に連れてったんです。

いやー良かった、やっとこの2年間報われたと思って。その2日後ぐらいに被害届を書きに行ったんです。
で、書きに行って「今あの人なにしてますか?」って言ったら、もう外に出したって言うんです。

東野:

ほぉぉ…

村本:

被害届を書かないと逮捕できないから出すんですよ。その出すってことも知らなかったんですよ。
ということは、もし僕が…何回も引っ越しして逃げてますけども、一般の方で実家暮らしで住所とかもバレてたら、(外に)出したってことを言われないままですから。仕返しとかに来る可能性もあるわけですよね。

一茂:

あるね。




戦うと過剰防衛の可能性も

山口恵以子:
 

どうしてご本人は、ご自分が標的にされたと思いますか?

村本:

僕がですか?

山口:

うん。

村本:

だから僕は直接けっこう言ってしまうんですよね、ツイッターとかで。

東野:

あーなるほど。

村本:

こんな奴いるとか。

一茂:

だから最初のやりとりだよね。向こうも何かあって、なんか返してって言ったんじゃない。

東野:

意外とガンガンガンガン言うタイプっていう…

一茂:

だから返しちゃうから面白いんだよ向こうは。

村本:

2年間で警察も警告して親も呼んでるんですよ。親の前で、もう二度と近づいちゃダメですよってことも言ってるんですけど。でもまだ来るんです。


ワイドナショー画像 ウーマン村本が受けたストーカー被害を犬塚浩弁護士が法的側面から解説 2015年8月2日

一茂:

これ…弁護士あれじゃないですか?保護法って半径何百メートル以内に近づいちゃいけないっていう、そういう規制法案みたいのなかったでしたっけ。

犬塚浩弁護士:
 

当時…でも面談禁止みたいな形で…

村本:

ありました。もう近づいちゃダメですよって警察が出してくれたんですけど、それも…


ストーカー規制法相手に警告してほしいと要望した場合、警察は近づかないよう警告できる。

一茂:

使えない?

村本:

何回も何回も言ってるんです。

松本:

関係ないねや。

村本:

でも証拠がないっつって、無理なんです。

一茂:

だから物的人的証拠ってさ、被害者が作んないと立証できないっっていう状況ですよね。

村本:

恐ろしいのはね、例えば向こうが包丁持って来るじゃないですか。で、僕が包丁持ってきたのを殴るじゃないですか。
その場合、(自分が)男で相手が女の場合はこっちが傷害になる場合も無きにしもあらず。

松本:

えぇっっ!?

犬塚:

そうですね。正当防衛の範囲は男性と女性の間ってのは非常にこう…やっぱり男性の方が力が強いので。

あとやっぱりもうひとつは有名人であられまして、ファンが普通にいますので。いるということ自体…一般の人だと普通関係ない人はあんま近くに寄って来ませんけれども。やっぱ有名人で芸能人であられるということ自体が…

松本:

それは厄介やなぁ…


[スポンサーリンク]


カウンセリングもなし

村本:

いっこ僕も聞いて…これおかしいですか。僕はもしかしたら…僕の中でですよ?ここにもしかしたらいなかったかもわからないですよ。その…刺されてしまって。僕はそのぐらいの恐怖を感じたんですよ。
人の多いところでしたら、その女の人の顔がたまにパッと見えたりするぐらい…

東野:

うわ怖っ!

村本:

ちょっと何回も夢でここ(首筋)を刺される夢を何回も見るんですよ。もう怖くて。それぐらいの心理状況だから、もし被害者として感情的に言わしてもらうんですけど。
ちょっと弁護士の方とか聞いてもらいたいんですけど。例えば、やりそうな…もうこの人アブナイぞ、やりそうだなってなるじゃないですか。

松本:

うん。

村本:

やりそうな人を…今のね、警察の人が言うには、またすぐ出てくると。「刺されたらどうするんですか」「すぐ捕まえますよ」って言ったんです。
結局、もう葬儀屋さんぐらいの感じですよね。

東野:

なんかなかったら結局動けない…

村本:

動けない。それをなんか、例えばジェットコースターなんかでも、例えばこうボルトが錆びてて事故りそうやと思ったらそれ取り換えるじゃないですか。

でも今の(ストーカーの)場合、事故ってから取り換えるんですけど、取り換えてもまたおんなじボルト締めるんですよね。

松本:

うん…

村本:

すぐそのまま出しますから、カウンセリングとかせずに。

松本:

そういうこっちゃな。

村本:

そやったら何回も…相手は目的だけ果たされて…

東野:

いいけど、こっちはたまったもんやないと。

村本:

しかも大変ですよ。時間なんかもめちゃくちゃかかるんですよ。何回も警察署行って…

東野:

そのへんは松本さんもおっしゃってましたよね。警察に行く…事情説明すんのがもう…

松本:

二次災害みたいなことがやっぱりすごく多くて。うーん…

一茂:

調書取るのに時間かかるんですよね。

東野:

なかなかね、普通…




ゲスキャラは作ってた

松本:

いやーでも村本のキャラも…もしかしたらあるんかもしれんよなぁ。でもそれでキャラ変えるわけにもいかんしな。

村本:

これをきっかけに言いますけど、キャラは作ってましたよね

東野:

ほんまはただの好青年。

松本:

ハッハッハ笑

村本:

あのーもう言います。福井出身のおばあちゃん子です。

東野:

ハハハハハ笑 でもかっこいいね、お笑いのね、おしゃべりを武器にね、天下統一を目指して頑張って来てるから。


ワイドナショー画像 東野幸治 ウーマン村本大輔のゲスキャラは作ってたと告白を受けて爆笑 2015年8月2日

村本:

そのためにキャラは大事でしたけど、ストーカーに遭うんやったら…僕はただのおばあちゃん子です。

東野:

福井県の。

村本:

福井出身の。

東野:

万が一おばあちゃん亡くなったらめっちゃ泣く?

村本:

亡くなったんで…ほんま亡くなったんですよ。それを冗談でも言われてめっちゃショックです。

東野:

そうかそうか。

長谷川まさ子:
 

でもよくゲスキャラで、ファンの方にもね、悪質なファンレターの方を呼び出したらすごく可愛かったんで、その日のうちにホテルに行ってやったみたいなことも…おっしゃってたじゃないですか。

松本:

そうそう、そうなんですよね。

長谷川:

はい。

松本:

それはお前の悪いとこでは…いっこあるんやけどな。

村本:

自業自得っていうね…僕これツイッターで書いたら、いろんな方が「私もいま遭ってるんですけど、警察が…」とか、めっちゃくちゃすごい数来るんですよ。

東野:

じゃあ実はすごいみんな悩んでるんだと。




その他のストーカー事例

一茂:

ほんとに今日、84歳のおじいちゃんがね、21歳の女性にストーカー行為をかけてて…

松本:

えっ!?

一茂:

お母さんがかばったら、お母さんが死んじゃったっていう事件があったんですよ。21歳ですよ、84歳の男が。


84歳の男7月29日、長崎県に住む84歳の男が20代女性にストーカー行為を行い、娘を守ろうとした50代の母親を殺害した疑いで逮捕。

一茂:

これも確か2、3年前からずっと逮捕もされてたんだけど。

東野:

ずっとね、警察に相談してたりしたんですけど。

一茂:

ただやっぱりその…ね、金銭的な部分とかがあって、おんなじアパートに住んでたんだよね。でも引っ越せないわかじゃないですか。

引っ越せる人はいいですよ。村本さんも引っ越せるからいいのかもわからない。もしかしたらボディガードを雇えるかもしれない。


ワイドナショー画像 ストーカー被害を受けたウーマンラッシュアワー村本にかわって解説する長嶋一茂 2015年8月2日

一茂:

でもそういう人じゃない人って、世の中たくさんいるから、じゃその人たちをどうやって保護するのか。
村本さんもしかしたらテレビに出るから、そこはある程度抑止力になる可能性はありますよここで言うことが。

村本:

だから代表して、僕は言えない人の代わりに…偉い人が聞いてたらぜひ変えてもらいたいんです。

松本:

変えたいねー。

一茂:

ほんとに弱者の方たち…弱者って言いたくないけども、被害に遭ってる方たちがさ、本当にたくさんいるっていうこともね、じゃ今後どうしたらいいんだってやっぱり警察も含めて考えてもらいたいなと。

松本:

いや俺も楽屋にほら…大阪時代おばちゃんがよう僕の楽屋に入っててね。ほいで捕まえて問いただしたら、俺の育ての親やって言うんですよ。

一茂:

アハハハ笑

松本:

生みの親ならわかると。

東野:

そうですよね笑 言い間違えたんちゃうかな。

松本:

育ての親ではないやろ。

東野:

育ての親は知ってますもんね笑

松本:

いやでも笑い話にもならん…なんかね、言い間違えたんかもう支離滅裂。

東野:

乙武さんも、ストーカー被害あるんですね。

乙武洋匡:
 

私の場合は行為ではなく、どうしてもこう…五体不満足が出た当時に、障害者の代表みたいに思われてしまったので。
それをやっぱ面白くないと思った方がいらして、当時まだ私大学生だったので、大学で待ち伏せて刺し違えてやるとか…

東野:

えぇっ!?

乙武:

こう…薬品ぶっかけてやるとか、そういう…10年ぐらいっていうのが…

一茂:

厄介ですよねぇ。

松本:

厄介やなぁ。




帰れへんのかいな

東野:

村本さんね、今日は特別に来ていただきましてありがとうございました。

村本:

あの…ちょっと一番端の…席にちょっと。

東野:

はい?あの…当たり前みたいに笑

松本:

帰れへんのかい。

東野:

帰らないんですか。

村本:

えっ?

松本:

帰れへんのかいな。

村本:

せっかくやし。ちょっといいでしょ。

東野:

ハハハ笑

村本:

風邪引きそうなって。あまりにもトークがぬるかったんで。

松本:

そんなお前…俺のイタリアンみたいな感じで出れる番組ちゃうんやで。

一茂:

ハハハハ笑

東野:

俺のイタリアン感覚で。でもちょっとね、せっかくですから参加していただいて。


ワイドナショー画像 ちょっかいを出すウーマン村本にちょっと困った顔の山口恵以子 2015年8月2日

村本:

(山口恵以子さんに)お手柔らかに。

山口:

よろしくお願いします。

東野:

山口さんそういうノリ嫌いやねんて。頼んますよ本当に。

村本:

(なにやら話しかけてちょっかいを出す)

東野:

いやそんなんじゃないから。泉谷さんと違うから笑