ワイドナショー画像 芸能事務所が発表するコメントで熱愛確率がわかると駒井千佳子が分析 2017年5月14日
芸能事務所のコメントで熱愛確率がわかるという話題。芸能リポーターの駒井千佳子さんが生き生きと分析してました。バカリズムさんが「付き合ってはないけど、定期的な体の関係がある場合はどう言うの?」と半ばネタで質問したんですが、なんと実際にそんなケースがあったと。その時の事務所コメントとは…


[スポンサーリンク]



事務所コメントのパターン

佐々木恭子アナ:
 

(視聴者からの声を紹介)
「芸能レポーターが、芸能人の交際が発覚した時の事務所のコメントを分析していました。コメントを出している側の皆さんは合っていると思いますか?」ということなんですが。


ワイドナショー画像 芸能事務所のコメントで恋愛確率がわかるという説を佐々木恭子アナが紹介 2017年5月14日

佐々木:

どういうことかといいますと、芸能リポーターの井上公造さんと長谷川まさ子さんが番組の中で、芸能人に交際の噂が立った時に事務所が発表するコメントから熱愛の確率を分析したんですね。

松本:

ハハハハ笑

佐々木:

それによりますと、「真面目な形でお付き合いをさせていただいております」という場合にはもう交際100%。

松本:

ま、そうでしょうねー。

佐々木:

「プライベートなことなので本人に任せています」は…うーん微妙で85%。

東野:

へー。

松本:

まぁまぁそうか。

佐々木:

「仲のよい友達の一人です」は55%。で、5%違いで…

東野:

ハッハッハッハ笑

松本:

なんかちょっとずるいなーこの5%な。

東野:

いや公造さんがね…

松本:

天気予報のあれの5%に近い…

佐々木:

そうなんです。で、「共演をきっかけに親しくさせていただいていると聞いてます」は50%。

松本:

うーん。

佐々木:

で、双方の事務所のコメントに温度差がある場合は、これはもう付き合っていないという見解なんですが。

松本:

0かなぁ。




かなり信用していい

佐々木:

駒井さんこれどうでしょうか。駒井見解ではいかがですか?

芸能リポーター 駒井千佳子:
 

私はちょっとだけ違うんですけど。確かに一番上はね、ま、100%っていうか、これはもう結婚間近。もう公にしてもいいですよ、全部挨拶も済んでますっていう状況だと思うんですよ。


ワイドナショー画像 所属事務所のコメントでわかる恋愛確率を駒井千佳子が分析 2017年5月14日

松本:

ええ。

駒井:

で、一番多いのは「仲のいい友人の一人です」とか「友達の一人と聞いています」っていうコメント、今一番多いのが。

東野:

それはどうなの?

駒井:

で、それだけだと難しくて、ここはリポーターだったり記者が事務所と直接話をして、ニュアンスをうかがうってのはあるんですよ。

松本:

へぇー。

東野:

ほんまに友達の場合がたまにあるんですか?

駒井:

ありますあります。それたまにっていうか結構あります。

東野:

へぇ~!?

駒井:

ほんとに友達の場合。で、その「友達の一人です」の後に「プライベートは任せています」って言ったら、結婚とかそういうことじゃないですけれども、ちゃんとお付き合いはしてますよっていうのを暗に認めてるんです。

松本:

そうなると…75ぐらいになる。

駒井:

そうですね。私はもう付き合い度はかなりいってると思ってて。これは若手の女優さん・俳優さん・アイドル系に多いコメント。

東野:

ほぉーそうですか。

駒井:

それでそこの若手の女優さん・俳優さんや、アイドル系でこのコメント出たら、私100%だと思って。

東野:

なるほど。

駒井:

で、もうひとつは「仲のいい友人の一人です」の後に「交際の事実はありません」っていうのが最近よく付くんです。それはもう完全否定っていうことですね。

東野:

あー。

佐々木:

友達だけど…

駒井:

友達だし、友達以上の何者でもないですよってのをはっきりさせる場合。

東野:

それは信用していいってことなんですか?

駒井:

それはかなり信用していいと思います。それはファンを思っての発言っていう時もたまにありますけどね。

バカリズム:
 

なるほどね。




西川さんとばっちり


ワイドナショー画像 元妻の吉村由美との昔の熱愛報道を引っ張り出され天を仰ぐ西川貴教 2017年5月14日

東野:

これ西川さんも以前…

佐々木:

そうですね。

東野:

元奥さんの吉村由美さんとの交際が発覚した際は、どう言ったか覚えてますか?

バカリ:

お願いします。

松本:

覚えてる?

バカリ:

ちょっとお願いします。

佐々木:

なんなら読みましょうか?笑

東野:

読んでいただきますか?

バカリ:

ご自身で。

松本:

いいですよ。

TMR西川貴教:
 

はい、ちょっともう…時間もたってるんで僕覚えてないです。

佐々木:

98年ですもんね。

西川:

はい。

東野:

ちょっと…こういうふうな…(西川に原稿を渡す)

佐々木:

ハッハッハッハ笑

バカリ:

せっかくなんで。

東野:

すいません。俺が読むのはちょっとあれかなと思って。

西川:

えっ…

松本:

西川さんの所属事務所、はい。


ワイドナショー画像 TMR西川貴教のかつての熱愛報道の際の事務所コメントを本人に読ませる 2017年5月14日

西川:

「お付き合いしているのは確かと聞いて…」

松本:

声もうちょっと張ってくれるかな!

バカリ:

テレビだから。

西川:

「お付き合いしているのは確かと聞いていますが、それ以上のことはプライベートの話なので、感知していません」

佐々木:

…というコメントをくださいました。

東野:

あの…すいませんなんか読まして。

バカリ:

ハハハハ笑

松本:

そうね、これというあれもなかったよね。

東野:

ほんますいません。

バカリ:

ただ読んだだけに笑

東野:

ほんと申し訳ございません。反省します。

佐々木:

ご本人と事務所とで色々…

西川:

もうあの…ちょっとあのいいです?これ新鮮な話題やったらゴリゴリ掘ってもらっていいんですけど。

東野:

ハッハッハッハ笑

西川:

もう…もうね、パリパリなんですよ。もうカッサカサのパリッパリなんですよ笑

松本:

ヒヒヒヒ笑

東野:

いやしょうがないんですよ。パリパリしかもうないねん。

松本:

わかるよわかるよ。今我々はお湯をかけてるとこ。

バカリ:

戻してるからね。

西川:

高野豆腐です。

松本:

ハッハッハッハ笑

東野:

軟らか~く。

松本:

ちょっと軟らかくしてるから。つるっといけるようにしてるんで今。

西川:

そうですね。


[スポンサーリンク]


熱愛じゃないけど…

松本:

誰が考えるんでしょうね。これマネジャーさんとか、みんな大変や。

佐々木:

たいがいこれだけですよね。定型文みたいになってますよね。

駒井:

今定型文になってます。事務所の宣伝担当の方だったりとか、そこと双方のね、宣伝担当で話し合ったりして決めてるようです。

松本:

やっぱさすがに「1回こっきりだと聞いています」みたいなのはないね。

東野:

ハハハハ笑

バカリ:

そのケースもありますもんね。

東野:

バカリズムさんがちょっと気になるんでしょ?

バカリ:

いっつも必ず2人で撮られたら「熱愛」って書かれるじゃないですか。そうじゃないパターン絶対あるはずなんですよ。


ワイドナショー画像 熱愛と書かれる以外の出会い方のパターンもあるとバカリズムが指摘 2017年5月14日

東野:

なんか一夜の遊びじゃないけども、何となく雰囲気でっていう時は。

バカリ:

「付き合っては絶対ないけど、そういう関係は定期的にあります」みたいな。

松本:

ハッハッハッハ笑

東野:

定期的!?

バカリ:

…とかも。

松本:

バカ事務所やな。超バカ事務所じゃん笑

東野:

定期的にある場合はどう言ったらええか?

バカリ:

そうですよね。

松本:

すぐ辞めよう。

バカリ:

付き合ってはないみたいな。でも熱愛って書かれちゃうじゃないですか。

駒井:

取材…表では私たちもさすがに、タレントさんのプライバシーに関わることそこまで言えませんけど。裏で話を聞くと、どうもそういう関係だから、コメントは「仲のいい友達の一人です」っていう笑

東野:

あーなるほど。

バカリ:

あっ、そうなんですね。

駒井:

「仲のいい友達の一人です」っていうのと。あと、もうひとつそれで…ま、前あったのが、双方の事務所のコメントが違った場合があるんですよ。で、これ誰かは言いませんけども、片方は「友人の一人と聞いています」だけだった。

東野:

はい。

駒井:

そしたら、後からもう片方の女性側の方の事務所が、「友人とも恋人とも聞いていません」っていうコメントを出したんです。だからこれは「友人なのか恋人なのかはっきりして」っていう意味だと…

佐々木:

えっ詰め将棋?はっきりさせてってことですか。

駒井:

という意味だというふうに受け取りました。

松本:

こわ~っ!


ワイドナショー画像 芸能人の所属事務所コメントで熱愛度がわかることに驚く松本 2017年5月14日

バカリ:

あるんですね。うわ~。

駒井:

あるんですね。

東野:

じゃあ我々としてはこれから、双方のコメントが違うかったらバカリズムさんが言うように…

バカリ:

そういう定期的な肉体関係。

佐々木:

それはお付き合いとは言わないんですか?笑

駒井:

双方にお付き合いの認識が違うという。

東野:

どういう状態やねん笑

西川:

あかんやんね、それ。

松本:

面白いけどな、そんな事務所あったらな。

西川:

ちょっと面白いですけど。

東野:

いや難しい。




コメントも宣伝のため

東野:

これ三浦瑠麗さんからすると、なんでこんなにまどろっこしいことをね…すんのかなとか思われたりします?

国際政治学者 三浦瑠麗:
 

そうね。恋愛禁止とか聞くと、なんでだろうと思いますけど。でも結局宣伝担当の人がコメントを出してるってことは、宣伝のためにやってるわけですね、イメージをね。


ワイドナショー画像 肘をついたままコメントする三浦瑠麗 2017年5月14日

東野:

そうです。できるだけイメージがいいようにとか。

三浦:

恋愛するとなんでイメージ悪いんですか?

松本:

う~ん。

東野:

でもやっぱ女性アイドルやったら、応援してる男性ファンからすると、恋愛してるとなんかちょっと応援したくなくなるじゃないですか。

駒井:

まぁアイドルとか若手の女優さん俳優さんにとって、一番大きいスポンサーはファンですから。だってお金払って劇場通ってくれて、映画見に行ってくれてコンサートへ来てくれて、CD買ってくれてっていうのはやっぱりファンの皆さんなので。

三浦:

そういうウブな女ばっかり求める文化どうかと思う笑

東野:

ハッハッハッハ笑 肘突きながら。日曜の朝から肘突きながら。

佐々木:

「ウブな女…」

松本:

ま、ま、わかるよ。言わんとしてることはわかるけど、しょうがない。


[スポンサーリンク]