ワイドナショー画像 大学受験のため芸能界を引退するワイドナ現役高校生の青木珠菜が号泣で最後の仕事 2016年10月23日
ワイドナショーに数々の伝説を残した女子高生の青木珠菜さんが、大学進学のため今日を最後に芸能界を去ることとなりました。その最後のお仕事は人生や進路についてのインタビュー。収録が終わった後のスタジオで声をあげて泣く青木さんと、彼女を最後まで温かく笑いで包む出演者たちが印象的でした。


[スポンサーリンク]



突然の芸能界引退

佐々木恭子アナ:
 

はい今日の新企画です。上手(かみて)のこの芸能人の皆さんがいつもコメントを…この下手(しもて)で聞いていらっしゃる皆さん(バーカウンターのメンバー)が、本当はこれを取り上げてほしいというニュースを募集しているんですね。

東野:

なるほどなるほど。下手の意見でございますね。

佐々木:

そうなんです。

東野:

さ、今回は下手はどなたですか?

ワイドナ現役高校生 青木珠菜:
 

はいっ!


ワイドナショー画像 Xゲームズで優勝した女子高生にインタビューをしたいという青木珠菜 2016年10月23日

佐々木:

おっ。

東野:

あらららら。

松本:

あら、元気で。

佐々木:

神奈川県、青木さん17歳です。「Xゲームズで優勝した東京オリンピックの金メダル候補がいると聞きました。私と同じ女子高校生なのにすごいと思います。最後に取材してみたいです」というリクエストでございます。

東野:

松本さん。最後に取材して…

松本:

最後に?

東野:

これどういうことなんですか?青木さん。


ワイドナショー画像 番組で突如芸能界引退を宣言したワイドナ現役高校生の青木珠菜 2016年10月23日

青木:

はい。えっとー、私ずっとこの芸能界と、学校の方の両立でまぁ…いろいろ思うところもあって。大学にも行きたいという思いもあるので、えーと…芸能界を今日で辞めます

東野:

ハッハッハッハ笑

松本:

えっ?

東野:

なんですって。




逆にすごい数学で1点

松本:

勉強は?できなかったの?

青木:

私…数Bが1点とか取っちゃって

松本:

1点取ったの?

佐々木:

100点満点で…

松本:

えっ!? 1点取ったの?

青木:

取っちゃって。

東野:

数Bが100点満点で1点やったら芸能界の方が絶対ええやん。

青木:

アハハハハ笑


ワイドナショー画像 数学で1点を取ったという青木珠菜に驚きの東野幸治 2016年10月23日

東野:

無理でしょ、無理でしょ。

松本:

1点取ったの?逆に1点ってなに?

青木:

なんか、だから、そもそも1点の問題もなくて。

東野:

0点やん!

青木:

違うんですよ。なんか…

松本:

2点が最低ぐらいじゃないの?

青木:

埋めてみたんですよ。好きな数字とか書いてみたら、なんかプラスマイナスがなかったけど、数字がちょっとかすってて△に…

松本:

フフフフ笑

東野:

0点やん。

青木:

だから1点なんですよ。

佐々木:

あ、まぐれで…

ウエンツ瑛士:
 

俺、全然一緒になったことないですけど、1回泣きそうになった…危なかった。なんか俺も高校ん時大変だったから…

東野:

あーそっか。

ウエ:

なんかすっごい偉いなーと思って。

東野:

辞めようと思ったことはないんですか?

ウエ:

僕だって1回辞めてますから。そもそもは。


ワイドナショー画像 数学で1点を取ったと言うワイドナ現役高校生の青木珠菜に共感するウエンツ瑛士 2016年10月23日

松本:

あー。

ウエ:

1回辞めて、その…都合でまた入って。で、もう1回俺辞めようとしたんで。

東野:

なるほどね。

ウエ:

普通の高校に…僕も選んだんで。

松本:

うーん。

東野:

じゃちょっと青木さん、最後の仕事。

松本:

何点取れるんやろねーこれ

青木:

ウフフフフ笑

東野:

青木さん、最後のVフリ、ちょっとお願いします。

青木:

はい。えーと…それではVTRよろしくお願いします!




リポーター青木珠菜

2月28日放送の様子)
青木:

緊張すると、泣きそうになるんですよ(涙目)。

指原:

かわいそう。

松本:

そんな子…テレビ出ていいの?

村本:

また怖かった。

指原:

怖い、怖いよね?

佐々木:

泣かないで泣かないで!

松本:

ハッハッハッハ笑

村本:

泣け!泣け!

松本:

違うやん!そんな俺悪いか?


ワイドナショー画像 過去の放送で緊張のあまり泣いた青木珠菜 2016年10月23日

番組ナレーション:
 

芸能界に身を置きながらも、最大の持ち味は等身大。

松本:

ずるいぞー。

ナレ:

ごくごく普通の女子高生、青木珠菜が最後に取材したいニュース。およそ80万人の観衆。東京オリンピックへの期待が一気に膨らんだ、リオオリンピック・パラリンピックの凱旋パレード。

19歳でメダル2つを獲得した体操の白井健三選手に15歳で銅メダルを獲得した伊藤美誠選手など、若手の躍動が目立ったリオオリンピックですが、今から注目しなければいけないのは彼らだけではありません。

青木:

(街を歩きながらリポート)こんにちは、青木珠菜です。今日は神戸にやって来ました。今日はですね、私が注目しているスケボー少女に会いに行きたいと思います。

東野:

うわ、ちゃんとしてるやん。

佐々木:

ねぇ、爽やかな…

ナレ:

青木珠菜が注目するスケボー少女とは?やって来たのは少女が普段練習しているという、兵庫県神戸市のスケートパーク。

東野:

すごい時代…これがオリンピックですもんね、競技で。

佐々木:

ねー。あ、ちびっ子もいるんですねー。

青木:

(パーク内を歩く)え?います?(ウロウロ)いた!えっ?どうしようこれ。ちょ…回って…。なんか緊張する。すごーい。

東野:

うわー高!

佐々木:

あ、こんなところなんですね。

青木:

すごーい!えっ!? 緊張する。初めまして。

中村貴咲:
 

初めまして。

青木:

えっと…青木珠菜です。

中村:

中村貴咲です。


ワイドナショー画像 スケートボードの中村貴咲と初対面で緊張する青木珠菜 2016年10月23日

青木:

よろしくお願いしま-す。

ナレ:

こちらが青木珠菜注目のトップスケーター・中村貴咲さん16歳。高校1年生です。

中村:

何歳ですか?

青木:

あ、17です。16歳ですよね?いっこ下ですよ。やばっ…

中村:

スタイルめっちゃいい。フフフ笑 かわいぃ~!

東野:

話進まないですね笑 初対面やもんね。




世界一の女子高生

ナレ:

若者へのアピールが評価され、東京オリンピックの追加種目に決定したスケートボード。中村選手はその報告記者会見に選手代表として選ばれるなど、東京オリンピックの金メダル候補とも言われているんです。

ファン:

すごいですね。世界チャンピオンです。

ファン:

Xゲームズで優勝してるんで、もう世界一です。今のところは。

東野:

へー!Xゲームズ優勝。これはすごいんですって。世界最高峰Xゲームズ。


X GAMES夏・冬に開催されるアクションスポーツ最高峰の大会。主な競技はスノボ・スキー・スケボー・BMX・サーフィン

ナレ:

X GAMESとは、毎年夏と冬に開催される、過激な要素を含むアクションスポーツ最高峰の大会で、サッカーでいうワールドカップのようなもの。

一足先にオリンピック正式種目となったスノーボードの金メダリスト、アメリカのショーン・ホワイトも x GAMES のスーパースター。


ワイドナショー画像 世界最高峰のXGAMES 2016年10月23日

ナレ:

中村貴咲選手は、そんな X GAMES に去年初出場しいきなり優勝。

ウエ:

初出場で。

大宮エリー:
 

すごいなー。(高いジャンプを見て)うわっ!

松本:

すげっ。

ナレ:

スケートボードパーク部門で、アジア人初の金メダルという偉業を成し遂げたスーパー高校生なんです。

松本:

ハート強いんやろなー。

ナレ:

世界で活躍する1つ年下の中村選手に、ワイドナ高校生・青木珠菜が取材したいこととは…

青木:

技も見てみたいし、あとはやっぱ彼女はやりたいことも決まってて、そういう道に向かって一生懸命頑張ってる方なので…相談したいな。フフ笑 進路調査票とか賭けないもん。

大宮:

ハハハ笑 あーそうかー。

ウエ:

なるほどねー、両立が大変かどうかね。




高いエアに驚き

ナレ:

今回の取材の目的は大きく2つ。まずは東京オリンピック金メダル候補のスゴ技を見たい!案内されたのは、高さ4メートルの巨大なハーフパイプ。

松本:

どんなんやろ…うわー!

東野:

うわー!一番上まで行って座るんでしょ?

松本:

どっから始めんやろね、こういうのって。

青木:

(ハーフパイプに登ろうとする)あ…あ、無理無理無理。ここ、これ以上は登れないと思う。


ワイドナショー画像 ハーフパイプに登ろうとするも無理な青木珠菜 2016年10月23日

松本:

1回目視して…すごいねー。

青木:

圧迫感がすごい。

東野:

壁やん。

松本:

SASUKEみたいなってるやんか。

ナレ:

上にあがってみると…

ウエ:

4mですよ。

青木:

あ、ヤバいヤバいヤバい。

東野:

これ大人やったら絶対無理ですよね。

青木:

(下を覗き込む)無理無理無理。珠菜…落ちる予感がした。

ウエ:

うわー!

青木:

落ちる予兆がしたの。したの今!

ウエ:

ハハハ笑

松本:

何を言うてんねん

青木:

無理無理。ほんと無理。

中村:

(無言で見つめる)

バカリズム:
 

普通に見てる笑

ナレ:

角度90度。中村選手はこのスタート地点からスケートボードを垂直にして滑り落ちるんです。

青木:

えっ!?

バカリ:

垂直じゃん。

ナレ:

改めて目線カメラで見てみると…下は真っ逆さま。

佐々木:

うわー!

ウエ:

怖い。

東野:

行くよー、ウォーイ!おー!

松本:

なるほど。

佐々木:

なんともない感じで…すごーい。

ウエ:

5mぐらいのとこ飛んでるんですもんね。

青木:

うわー!すごい。人間こんなこと出来るんですね。

松本:

ねー。

ウエ:

(技に合わせて)いえーい!

東野:

おいー!わーすごい。かっちょいいなー。

中村:

(青木のところにジャンプして着地)


ワイドナショー画像 スーパー女子高生中村貴咲の華麗なエア 2016年10月23日

青木:

すごーい!

大宮:

すごーい(拍手)

中村:

めっちゃ近くなかったですか?

青木:

めっちゃ近かった。

ナレ:

スケートボードに足は固定されていませんが、遠心力を生かし、高いジャンプを実現。

東野:

そこで回ったり得点を…

佐々木:

あー。

松本:

外れないんやもんね。何にもつけてないのに。




スゴ技を披露

ナレ:

しかし、中村選手にとってこれらの高いエアはウォーミングアップに過ぎません。

東野:

見して見して。

佐々木:

見たーい。

中村:

ミラーフリップの540(ファイブフォーティ)っていう技なんですけど。板を持って縦に1回まわって、横に180度回る技です。

青木:

……はい。

東野:

ハッハッハッハ笑 アホ丸出しやん。

ナレ:

ミラーフリップとは、まずは360度回り切り、さらにそこからボードを横に向け180度、計540度回転するという、世界でも数人の女子しかできないスゴ技。一瞬なのでお見逃しなく。


ワイドナショー画像 ミラーフリップ 2016年10月23日

ウエ:

えーっ!?

青木:

すごーい!

東野:

どういうことなん?飛ばないの?

大宮:

わかんない。

ナレ:

スローで見てみると、縦に360度…

バカリ:

でも浮いてる。

ナレ:

さらにそこから横に180度回転してるのがわかります。

東野:

あーまた回転した。

ナレ:

このように、スケートボードは細かい回転数やアクションが得点に大きく左右する競技なんです。

松本:

へぇ~。

ナレ:

続いて、中村選手が披露してくれるというのが…人間越え。

青木:

(仰向けになる)すごい心臓バクバク言ってる。


ワイドナショー画像 芸能界最後の仕事としてワイドナショーでレポートをする青木珠菜 2016年10月23日

東野:

あら、青木さん。

ナレ:

およそ3m幅の板に寝転がる青木珠菜の上空を越えて行くといいます。

青木:

(目をつぶって)それではお願いしまーす!

東野:

見てないやん。

ウエ:

見て見て。目開けて。

中村:

行きます。

東野:

ウェーイ!

バカリ:

うわー。

大宮:

余裕だね。

中村:

どうでしたか?

青木:

めっちゃ飛んでた!珠菜のはるか上を飛んでた。かっこいい!

東野:

立ってても大丈夫ですか?


[スポンサーリンク]


人生初のインタビュー

ナレ:

スゴ技を見せてもらったところで、最後は人生で初めてのインタビュー。

青木:

今日は本当にありがとうございました。

中村:

ありがとうございました。

青木:

っとじゃあ…いくつか質問させていただいてもいいですか?

中村:

はい。


ワイドナショー画像 人生初のインタビューをするワイドナ現役高校生の青木珠菜 2016年10月23日

青木:

いくつからスケートボードをやってるんですか?

中村:

スケートボードを始めたのは6歳の頃です。

青木:

じゃあ幼稚園?小1か。

中村:

小1から…そうですね、幼稚園上がる時ぐらいです。

青木:

最初は怖かった?

中村:

最初は…怖かったと思います。あんま覚えてない笑

青木:

覚えてないよね。じゃあ…えっと…今後どういうふうになりたいなとか、そういうのを…

中村:

今年オリンピックにスケートボードが東京オリンピックで決まって、ま、新たにもう1つの目標ができたって感じですけど。最終的に目指すところが東京オリンピックじゃなくて、今まで通り海外で活躍して、常に上位でいたいなって思います。

松本:

はぁー。

青木:

すごい。かっこいいね。

中村:

ありがとうございます笑

青木:

なんかもう…めっちゃしっかりしてるね。

中村:

いや…

青木:

いっこ下とは思えないわー

東野:

アッハッハッハ笑




なるほどね!

青木:

このロケが決まった時から聞きたかったんだけど、迷ったりはしなかった?なんだろ…今、すごい自分が進路とかで悩んでるから思うんだけど、他のことをやりたいと思ったりとか、悩んだ時期とかはありましたか?


ワイドナショー画像 スケートボードのチャンピオンにインタビューする女子高生の青木珠菜 2016年10月23日

中村:

うーん…自分は、やっぱもう小学生とか幼稚園の頃からずっとスケートボードが…ずっと一緒で。例えばなんか大会で学校行事とか出られへん時も何回もあって…

青木:

うんうんうん。

中村:

そういうのはめっちゃ嫌やなって思ったりもしたんですけど。でもなんか…家族自体がもうスケートボードのために色んなところに連れてってくれて。

弟もいるんですけど、そうやって週末とかも毎回パークに行って、やっぱ色んなものを犠牲にしてるっていう部分もあるから。最後まで頂点に行って、そっから…ま、今自分のしたいことがスケートボードなんで、迷いとかはあんまりないですね。

青木:

なるほど…そっか…なるほどね!

東野:

ハッハッハッハ笑

松本:

2回言うた。

ウエ:

なるほどねー。

ナレ:

若干16歳ながら、自分の進む道に迷いなし。2020年東京オリンピック、中村貴咲に期待です。




リポートを終えて

(スタジオから拍手)
東野:

どうもありがとうございましたー。

佐々木:

一番感じたことは何ですか?会ってみて。

青木:

やりたいことがちゃんとあって、すっごいしっかりしてるんですよ。で、彼女のスケートボードって、すごい…遊びに見られがちだったりとかするから…

松本:

あぁ。

青木:

競技として確定させたいし、なんかそういうのがあるから、こういうインタビューとか会見の場でも、ちゃんと話そうっていうのを決めてるみたいで。本当にしっかりしてて、いや…すごいなって思いました。

佐々木:

会って迷いは払拭したんですか?

青木:

でもなんか、やりたいことも見つけなきゃなっていう、焦りがどっちかっていうと…

東野:

あー。

松本:

あーなるほど。

ウエ:

芸能界は別にやりたくないんですか?

青木:

いや、もう…すごいやりたいと思ったこともあって…(泣きそう)悩みました。


ワイドナショー画像 ウエンツ瑛士の一言で泣く青木珠菜が芸能界引退を表明 2016年10月23日

佐々木:

あっ…また泣かないで…

青木:

(泣く)

松本:

泣いてる。

ウエ:

えっ?えっ?

バカリ:

このタイミングで笑

松本:

これはウエンツが悪いで

東野:

青木さんはいろんな悩みがあって、学業と…

松本:

そこ一番言われたくなかったの、青木さんは。

東野:

初対面のウエンツさんにそんなこと言われた…

バカリ:

そんな悩んでたのに。

ウエ:

違うんだよー。

松本:

テレビご覧のみなさん、今カットしましたけど、すごいきついこと言ったんですよ

ウエ:

いや違う!言ってない言ってない。びっくりしたー。

東野:

ハッハッハッハ笑

ウエ:

びっくりしたー!


ワイドナショー画像 ウエンツ瑛士の言葉で感極まって泣き出した女子高生の青木珠菜に松本人志がウエンツを責める 2016年10月23日

松本:

カットしましたけど、すっごいこと言うたからこうなってね。

バカリ:

あれはかわいそう。

松本:

あれは泣くよね。

バカリ:

あれは女の子泣くわ。

ウエ:

いや違う違う違う。

松本:

あそこは使わないけど…

東野:

ハッハッハッハ笑

ウエ:

びっくりした。

バカリ:

放送倫理ちょっとね。




なるほどしか言えない心境

大宮:

やりたいことなかったですよ、ずーっと。

東野:

あ、大宮さん自身は…

大宮:

私はずーっとやりたいことなかったし、それがすごいコンプレックスだった。夢がなかったんですよ。だからあの…「なるほどね」になんか私も泣きそうなっちゃって。

私もそう言ってたと思う。「なるほどね」しか言えないですよねあん時リアルだなーって。


ワイドナショー画像 インタビューで「なるほどね」しか返せなかった青木珠菜に大宮エリーが共感を示す 2016年10月23日

東野:

だって高校時代に、なんか夢を持ってる人の方が少なかったんじゃないですか?

大宮:

でもけっこうみんな部活に打ち込んでたりとかしてた…私打ち込むものがなかったし、夢がないとなんかこう…なんて言うんですか、非国民みたいな感じがあるじゃないですか。

東野:

うんうんうん。

大宮:

「夢ないんだ」みたいな。夢がある人はそれに向かってガーって生きるけど、夢がなかったから、こう毎日がどうやって生きていいかわかんなくて。

松本:

だからこう…夢のある人と会話したら「なるほどね」しか返せないのか。

大宮:

全然私よりずっと…「なるほどね」って、半ばなんか…

バカリ:

そういうことなんだ。

大宮:

なるほどって思ってないけど…

松本:

なるほどと思ってないですよね。

大宮:

圧倒されるよね。

松本:

2回言ったもんね。「なるほどね…なるほどね!」

東野:

ハッハッハッハ笑 2回目そのトーンでした?笑

松本:

ただまぁその…ウエンツの「てめえ帰れ」もひどいよ。

ウエ:

違う違う違う、言ってない!

東野:

ハハハ笑

松本:

あれはね。

バカリ:

あれは良くない。

ウエ:

言ってないなぁ。

松本:

あれは泣くよ。

バカリ:

あれは泣く。絶対ダメあれ。

ウエ:

捏造がひどい。

松本:

ハハハハ笑

ウエ:

捏造が…(青木に)否定しなさいよ君も!

青木:

違います違います。どっちかっていうと感動しちゃって…


ワイドナショー画像 ウエンツ瑛士の言葉に感極まって泣き出す青木珠菜 2016年10月23日

東野:

うれしかった?

佐々木:

共感してくれたって感じが?

青木:

高校…悩んでた時期もあったっておっしゃってたから。なんか…やっぱウエンツさんでも悩んでたんだと思って。

東野:

すごい真面目ですもんね青木さんは。




ドラマチックな人生

ウエ:

僕、だから逆に言うと、4歳から僕は(芸能界に)いたので。逆に夢を持つ瞬間がなかったから。例えば(小池)徹平と組んでましたけど、自分でやりたいって言ってオーディション受けて入って来たから…

松本:

徹平はね。

ウエ:

モチベーションの違いがすごかったです

東野:

あー。

ウエ:

俺はなんか…いなきゃいけない…いて当たり前ってか、いなきゃいけないっていう…だからそのギャップが俺はありました。


ワイドナショー画像 4歳から芸能界いるのが当たり前だったウエンツ瑛士にとってはオーディションを受けて入ってくる人のモチベーションがすごいと感じた 2016年10月23日

大宮:

なるほどねー。あーそれもあるねー。

東野:

そういうふうに全然見えませんけれども。ウエンツさんは…いて当たり前みたいな感じで…

ウエ:

ま、当たり前ってのも失礼ですけど。もうその仕事をずっとしてきちゃったんで。そのなんか…ルーティーンっていう感じ…

大宮:

身近にそういう人いるってつらいですね。

ウエ:

でも身近…全員そうですよ。

東野:

相方が…相棒がってことですもんね。

ウエ:

会う人でもだいたいそうですよやっぱり。やりたくて入って来る人が芸能界けっこうほとんどだから。

佐々木:

でもね、本当にすごい選手なんですよね、この中村貴咲さん。どういうところを今注目してますか?

青木:

そうですね、やっぱその…Xゲームズっていうのが本当すごい大会なので、私より年下の女の子が活躍してるっていうのを聞いて、やっぱ単純に憧れましたし。

東野:

うーん。

青木:

なんだろ、その…スケートボードやるとかじゃなくて、こういう人になりたいなっていうふうに思いました。

大宮:

なりたいなと思うって印象大だったんですね。

青木:

はい。

大宮:

でも気持ちに正直なんだなーと思って。なんかやっぱ迷いがあるうちはね。ずっと続けるよりも、いろいろ打算で考えないで…やっぱいられないと思って。

今はね、大学行きたいっていうことで、絶対遠回りした方がね、ま、どこに行くかわかんないけど。あの…すごいドラマチックな人生だなと思いました。

東野:

いい人生ですよね。




収録後に大泣き

(収録終了後、スタジオから拍手)
東野:

ハハハ笑 泣いてる。

佐々木:

青木さーん。アハハ笑

松本:

でも1つの特技やで。こんだけ泣けるってすごくない?

青木:

(ひっくひっく)


ワイドナショー画像 収録後に声を上げて泣く芸能界を去る青木珠菜 2016年10月23日

東野:

松本さん、めちゃめちゃ泣いてます。

バカリ:

すごい。

松本:

これも特技やで、でも。

佐々木:

ハッハッハッハ笑

ウエ:

でも最後松本さんと東野さんにお疲れ様でしたって言ってもらって…

東野:

お疲れ様でした、本当に。頑張ってね。

青木:

(涙声)ありがとうございます。

東野:

松本さんとこ行って。お父さ~んって言うて。

佐々木:

ハハハ笑

松本:

あ、ありがとうね。ほんとに、ごめん。頑張ってね。

青木:

ありがとうございました。

(スタジオから再び拍手)
青木:

(席に戻り、声をあげて泣く)

東野:

ハッハッハッハ笑


[スポンサーリンク]