ワイドナショー画像 宮藤官九郎が脚本を書く時に注意することは「誤解を生まないようにト書きが多くなる」 2016年6月26日
AI(人工知能)が書いた映画の脚本が謎だらけの展開で話題に。脚本家の宮藤官九郎さんがプロとして気をつけていることは「誤解を生まないような細かいト書き」だそうです。なるほど。大喜利に答えるAIも登場するも、うす~い反応のスタジオに、どこかほっとした表情を浮かべる松本さんも印象的でした。


[スポンサーリンク]



AI脚本のナゾ映画

山崎夕貴アナ:
 

AIが書いた脚本をもとにした短編映画「サンスプリング」が公開され話題を呼んでいます。これは、90年代のSF映画数十本をAIが分析し脚本を制作。

松本:

なるほどなるほど。

山崎:

その脚本をもとに人の手によって映画化されたというもの。完成した映像は9分ほどの長さ。失業者があふれ、若者が血を売らざるを得ない未来の世界が舞台となっています。しかし…


ワイドナショー画像 AI(人工知能)が脚本を書いた映画は会話の途中で口から目玉を吐く謎の展開 2016年6月26日

山崎:

会話の中でいきなり口から目を出す謎の展開

脚本家 宮藤官九郎:
 

えー!? なにこれ笑

山崎:

場面設定には「彼は星の中に立っていて床の上に座っている」という、現実にはあり得ないハチャメチャな箇所もあったといいます。まだまだ実用には程遠い感はありますが、
人間には思いつかない設定など、想像力を刺激するツールとしては有益なのかもしれません。

佐々木恭子アナ:
 

これはもともと企画がありまして。海外のSF映画祭の「48時間フィルムチャレンジ」という企画があったんですね。48時間以内に映画を完成させるというもので…


ワイドナショー画像 佐々木恭子アナが人工知能が映画の脚本を書いたいきさつを説明 2016年6月26日

宮藤:

あーなるほど。

佐々木:

ま、チャレンジ企画ですよね。で、AIが作ったと。「ゴーストバスターズ」「フィフス・エレメント」「2001年宇宙の旅」など数十本のSFの映画をAIが学習して脚本を作り…

宮藤:

そのチョイス偏ってますよね笑

佐々木:

ハハハハ笑




大喜利AIも登場

松本:

でもこれ、「人工知能に脚本書かせろ」っていう脚本を書いた人がいるわけで

宮藤:

あー。

松本:

結局その…人工知能も所詮一人歩き全然できてないなとは思うんですけど。なんかがちょっと間違えれば、面白くなることはあるかもしれないですねぇ。

例えば僕…例がちょっと違うかもしれないですけど、IPPONグランプリとかやってて、一般回答の大喜利の答えバーッて僕、何個か選ばなあかん時あるんですけど。

佐々木:

はい。

松本:

あーこれおもろいやんと思ったやつが、よく見たらお題間違えてたりするんですよでもそれが上手くハマって…


ワイドナショー画像 宮藤官九郎 松本人志「IPPONグランプリでいい答えだと思ったらお題が間違ってることがある」 2016年6月26日

宮藤:

あ~そうですねー。

松本:

あるんです。これこのお題の答えじゃなかったんや、でもおもろいなっていうことがあったりとか…

佐々木:

そのズレがむしろ面白い…

松本:

ズレが…そうそうそうそう。

佐々木:

松本さん。実はこのAIが大喜利をするというのも、もう実現してるんですよ。

HKT48 指原莉乃:
 

えぇーっ!?

松本:

えっ? 僕まさかそれに乗せられてしゃべったような…

佐々木:

今ね、すごい良い振りをしてくださったなぁと思って。

松本:

誰の脚本なんやこれ

佐々木:

ハッハッハッハ笑

松本:

あ、そうですか。

佐々木:

はい。ツイッターでお題を送るとボケが瞬時に返って来る「大喜利β」というアカウントを作って試験的に運用してるんですね。で、担当者によると、お題の単語に関連する言葉を引き出して文章を組み立て、そこに無関係なデータをいい塩梅で入れるんですって。


ワイドナショー画像 佐々木恭子アナが大喜利AIの仕組みを説明 2016年6月26日

宮藤:

へぇー。

松本:

それは正解かも。

佐々木:

ちょっとどういうものかご紹介していいですか。まずはこちらです。「こんな人工知能は嫌だ」その回答がこちら……「膝が痛い」

松本:

フフフ笑

佐々木:

あ、薄い感じですね笑 続いてこちらです。「最強の暇つぶし方法 どんな方法?」その回答がこちら……「ボールペンを配る」

宮藤:

ハハ笑 なんだろう。芸歴2年目ぐらいの…

佐々木:

ハッハッハッハ笑

宮藤:

あんまりまだ大喜利慣れしてない新人ですよね。

佐々木:

一生懸命AI頑張ってますよね。で、写真のお題も出てるんですね。例えばこんな写真です。林(修司)先生。その回答がこちら……「この指何本?」


ワイドナショー画像 大喜利のお題に答えるAIは写真のお題にも答える 2016年6月26日

宮藤:

ハハハ面白い笑

松本:

こういうことがあるんですねー。でもまぁ、思ったほどレベル低くはなかったですね。DJ KOO さんはもう超えてますよね


DJ KOOIPPONグランプリで一般に紛れて回答投稿

佐々木:

ハハハハ笑




宮藤官九郎の脚本は

佐々木:

宮藤さんは、実際脚本書く時にはどんなことを心がけて書くもんなんですか?どういったことにこだわって書いてますか?

宮藤:

でも脚本書いてる時って、監督は別にいたりするじゃないですか。役者さんも別にいて、役者さんに誤解のないように書くっていうことを気をつけるようになりましたね。

松本:

ほぉー。

宮藤:

なんかほら、「つぶやくように」って書かないと、おっきい声で言われたりすることって…ハハハ笑


ワイドナショー画像 宮藤官九郎が脚本を書く際のこだわりを語る「誤解のないように書く」 2016年6月26日

指原:

あぁ~。

宮藤:

監督も一緒に勘違いしちゃうこともありますから。

佐々木:

あーセリフのニュアンスが伝わらない…

宮藤:

例えばさっきの「星の上に立っている」っていうのだって、もし大御所の脚本家が書いてたら、考えると思うんです、スタッフ「どういうことだろう」と。「星の上に立つってどうやって撮るんだろう」みたいな。監督ってけっこうそれぐらい重要視されてますよね、映画の現場とかだと。

佐々木:

ふーん。

松本:

そうか、でも宮藤さんって必ず現場に行ってるわけではないんですもんね。

宮藤:

全然行かないです僕。行くと何か言いたくなるし。

松本:

そうかそうか。

宮藤:

ええ。

松本:

あ、じゃあとんでもない勘違いが出来上がってる可能性も…


ワイドナショー画像 松本人志が宮藤官九郎の脚本へのこだわりを聞く 2016年6月26日

宮藤:

そうですね。だからもう「小声で」とか「笑う」とか…

松本:

ちゃんとやらないと…

佐々木:

へぇー。

宮藤:

だから逆に言うと、それだけいっぱい書いてる役者さんのこと、オレ信用してないってことに…なっちゃうのかなー。

佐々木:

ハハハハ笑

松本:

ト書きが多いってことは…




台本はあくまで設計図

宮藤:

だけど、なんかそれでも…間違った芝居なのに、面白くて納得させられちゃう時あんですよね

佐々木:

ふーん。

宮藤:

西田敏行さんとか、台本書いてる通りやらないんですよ。

佐々木:

あ、なんかアドリブがお好きらしいですね。

宮藤:

すごい多いんですけど、それがバチッと噛み合った時とか、もうなんかオレが書きましたって言いたくなる位、上手く行ってる時とかやっぱ…ありますよね。


ワイドナショー画像 台本のアドリブが見事な西田敏行の例をあげる宮藤官九郎と聞き入る指原莉乃 2016年6月26日

佐々木:

はー。

宮藤:

あくまで台本っていうのは、いくら細かく書いてもやっぱり…設計図だし。あの…指針であって、それは完成ではないので。それはやっぱり言えないですよね。

よくいますけどね、一字一句変えないでくれってタイプの人も。僕は全然そうじゃないですね、はい。

佐々木:

現場で変わってって、それがむしろ正解になってれば…

宮藤:

下手したらあの…なんも思いつかない時に「~とか」って書いてる時あります笑

指原:

へぇ~!

佐々木:

ハハハ そんな曖昧風な笑

宮藤:

ありますあります。なんか、思いつかない…

松本:

カンペでしょっちゅう出されるやつですよ。「松本さん 一言」っていうやつ。

宮藤:

そういう感じ、そういう感じ。

佐々木:

ざっくりですねー。

松本:

ざっくりですね。

佐々木:

ハハハハ笑




芸人のドラマ進出

佐々木:

あとでも、脚本といえば、AI のみならず最近は芸人の方が脚本界に進出してる場合もありますよね。バカリズムさんとか。

松本:

はいはいはいはい。

佐々木:

あと役者さんとして活躍されてますけど。

宮藤:

僕、昔コントの作家もやってましたけど、コントってやっぱり現場で変わるのが前提じゃないですか。一応台本は書いてあるけど、そっから芸人さんがいかに面白くするかっていうのが。その芸人さんのボケを引き出すために書いたりとかもするじゃないですか、作家は。


ワイドナショー画像 宮藤官九郎「コントと同じでドラマの芸人は台本に書いてある以上に面白くしてくれるという期待がある」 2016年6月26日

宮藤:

だからまぁそういう意味で言ったら、ドラマに行ってもおんなじように、書いてある以上に面白くしてくれるんじゃないかなっていう期待はありますよね。

佐々木:

ふーん。

宮藤:

向いてる人と向いてない人って、はっきり分かれますよね、芸人さん。

社会学者 古市憲寿:
 

向いてない人って…例えば誰ですか?


ワイドナショー画像 古市憲寿がクドカンに「ドラマに向いてない芸人って例えば誰ですか」 2016年6月26日

宮藤:

なんだよ~。

松本:

ハッハッハッハ笑

佐々木:

あ、古市さんのペースで来ました。

松本:

古市さん、ドラマ出ないっしょ?

古市:

だって謝罪文さえも読めないんですよ

松本:

アッハッハッハ笑

佐々木:

まぁ、極端な棒読みですよね。


[スポンサーリンク]