ワイドナショー画像 長嶋一茂(スポーツコメンテーター) 他の人の発言にかぶせる悪癖あり。松本人志や東野幸治にツッコまれることもしばしば
とにかく手数が多く、誰の発言にも乗っかってくるのが特徴。オチがついたトークにさらにかぶせてくることもありますね。一茂さんが話してる時って、他の出演者がやけにおとなしく手元のお茶を飲んでるような気がするんですが、それって「こりゃカットされるな」と思ってるからなのかな笑


(SMAPの謝罪放送を見て)
一茂:

一番彼らにとって良い方法は、僕らが、今回の騒動はなかったこととして、もう忘れることですよ。

東野:

ちょっと待ってください。本気で言ってるんですか?




(幼児に覚せい剤を投与した事件)
執行猶予付きなんだけど、なんでまた覚せい剤が手に入っているのかっていうところがわかんない。



(普天間基地跡地へのディズニーリゾート誘致)
直前まで絶対公表しないんですよ。何でかって言うと、ディズニー作られるってだけで、ものすごい周りの消費…飲食とかの利権も含めて、高騰するんですよ。



一茂:

僕らなんか歌手じゃないから、紅白の価値観がわかんない。だから野球に例えると何なのかなーっていう…

東野:

オールスター。

一茂:

あーオールスターなんだ。そりゃ出たいですよね。




(賞レースに縁がなかった一茂さんが…)
東野:

一茂さんをステージに上げるために、エキサイト賞というのが作られた。

一茂:

その年だけ。ええ、うれしかったですよ。

松本:

ハハハ笑




[スポンサーリンク]


(自分で買ったマンガを家族に読まれて怒る女子高生に)
このぐらいの年頃の人ってさ、けっこう共有するって苦手な年頃



(手洗い後、風で水滴を飛ばす装置)
一茂:

サラサラになる人っていますかね。

東野:

いや、サラサラまではやらない…なんとなくですから。

一茂:

本当はそのあとにハンカチを用意して拭くものなのかな。

松本:

完璧にはなかなか…

一茂:

あれちゃんとやるの5分ぐらいかかるよ。やったことあるけど。




(バイ貝が割れなくて怒ったという話が延々と続いた後に)
一茂:

怒って、もう最後にバイ貝ばーんって割りましたよ。そしたらちゃんと食べれます。

山崎:

え~?笑

松本:

(小声で一茂に「倍返しだ」と言うよう耳打ち)

一茂:

倍返し、倍返し。

東野:

えっ?

一茂:

倍返し。

東野:

なんなんですかこれ。

一茂:

割って…倍返し!

東野:

なんなんですか。ふざけるなよ。




(ゲストの2015年を振り返るトークの途中で)
一茂:

私も今年はですね、ほんとに…

松本:

聞いてないって。

一茂:

(カリスマ美容師に変な髪型にされたという長い話)

松本:

えっと…広げるなら広げて?なんなんですかこの話。

東野:

ハハハ笑 いいじゃないですか。いい相方さん見つけましたね。




今こそ日本は独立国家を目指すべきだと僕は思います。一番日本国が大事なのは、軍備を強化して、やっぱり専守防衛に徹するっていうことなんですよ。



(チューの良さがわからないという高校生・青木珠菜に)
すごい良い子…しっかりしたコメントしますね今の高校生はね。



(B面エンディングで)
佐々木:

一茂さん、今日も予習して…ここに臨んでくださいましたが。

一茂:

そういう時はしゃべれるんですよね。それがない時はたぶんダメだと思います。

松本:

いやいやいや、今日もダメでしたよ?




(未成年の女子を連れて駆け落ちしようとした男が誘拐罪で逮捕)
やっぱり…誘拐の定義に当てはまんない気はするよね。やっぱ誘拐って何か拉致・監禁とかさ、自由を奪ったりとかっていうことでしょ?



(大沢樹生さんが息子のDNA鑑定)
松本:

全然、本人「やったー!勝ったー」とは思ってないだろうしねー。

一茂:

思ってないよ。泣いてんだもん。




原(辰徳)さんの号令のもと、みんなで食事しようって言ったらみんな行くし、それ以外の…原さん以外の派閥ってなかったですから。



阪神でもあるじゃないですか。新外国人選手で「あいつが投げてる時は俺は真剣にやらねぇ」って言ってる…仲直りしたけど。



セカンドとショートは切磋琢磨があるから、仲が悪くなったりするってのは聞いたことありますよ。



キャッチャーがこう…ホームラン打たれたらガクッてやる時あるじゃないですか。あれも、俺はちゃんといいサインを出したのにピッチャーが投げてるところが違うっていうアピールなんです。あのキャッチャー最悪なんですよ。誰とは言わないけど。



(日本人がノーベル賞をダブル受賞)
こっち(イベルメクチン)は実用化できてるからいいですよね。でもあっち(ニュートリノの質量)は100年後なんの役に立ってるかわかんないわけですよ。



一茂:

僕も昔、理科が科学の実験の時に、温度計をね、全部ぶっ壊して、中に水銀が入ってるんですけど、あれね、全部くっつくんですよ。水銀。

秋元:

ダメですよ。良い子はマネしないでください。




東野:

どうですか一茂さん、お子さんは。

一茂:

5年生ですけどね。もう最近、うざいとかくさいとか…ずーっと言われますよ。しつこいとか。

松本:

しつこいのはみんな思ってますけどね。




(一茂さんは仕事を選びながらゆったりと人生を楽しんでいるように見えるという指摘に)
ただねー、野球やってた時から僕、だいたいベンチにいたんでね。あんまり仕事してないんですよ考えてみたら。



一茂:

この世界って呼ばれなきゃ入れないじゃないですか。ここだって、僕がじゃあ「行きたいです」ってここの席座れないじゃないですか。

松本:

あっ、そう…今日勝手に来たんじゃないんですか?

一茂:

松本さん、言いましたね?僕、毎週来ます。




一茂:

ちょっとエロいおっさんを擁護してる松本さんとか私は、どういうふうに映るんでしょうかね…高校生から。

東野:

どうなんですか?松本さんの意見とか一茂さんの意見って。やっぱ気持ち悪く思います?

岡本:

そう…ですね。




[スポンサーリンク]


(一茂さんが受けたストーカー被害)
最初はね、なんか噛んだガムが送られてきたんですよね。女性が…たぶん女性だと思うんですけど、噛んだあとの。その次にね、下着が来たんですよね。で、その次に使用済みの下着が来て、その次にナプキンが来て、タンポンが来て、最後に使い込んだタンポンが来て終わったっていう。



(ストーカー被害を説明するウーマン村本に)
村本さんもしかしたらテレビに出るから、そこはある程度抑止力になる可能性はありますよ。



ある時にね、消防車ですよね、あれが3台くらい停まってるんですよ。で、先生に言ったら、一茂さん家に爆破予告があったと。で、「一茂さん、爆破予告があったからすぐ帰ってください」「いやでも先生、帰って爆破したら…」



これ心理的な論点に戻っちゃうんだけど。やっぱり人間ってどこかで争いが好きなんですよ、DNA的に。



一茂:

僕もサードやりましたけど。立ってるだけでいいやって時もありましたけど。

松本:

ひどいな。いろんな人に謝ってほしいわもう。




一茂:

いつもね、俺が変だ変だって良純さん言うんだけど、いやもう予想屋の方がよっぽど変だ…

東野:

予想屋?

良純:

天気予想、天気予想って予想屋…

東野:

あっ予想屋って呼ぶんですか?

一茂:

ま、でも、お互いにほら、2世なんで…屈折してることは間違いない。




(不登校とフリースクールについて)
だから勉強以外に教わることが学校内ではあるので、そこを欠落させちゃったら、社会人になって懸念すべき材料も増えるっていうことはあるとは思うんだけども。



僕は基本的にはマイナンバーの、我々のベネフィットというか、メリットってなんなの?ってことになると思うんですよね。



僕は基本的にはまぁ…自分のね、キャラクターっていうかイメージとしてバカ息子をずっと貫きたいんですよ、この世界では。



東野:

バカ息子って言われてカチンとは来ないんですか。

一茂:

全然来ないですよ。

松本:

ええっ!? すげー!

一茂:

だからこないだの落書きの時もたいして思ってないし、バカ息子ってこの世界で言う人ってさんまさんだけで、これ絶対さんまさんが落書きしたんだと思った。




(今井雅之さんの記者会見について)
我々に対してのね、僕はメッセージだと思いますよ。「今井さんが9月まで頑張るんだったら10月まで頑張ってやろう」って病床で思ってる人たちはたくさんいるっていうことだと思うんで。



(親同士のトラブルについて)
松本:

やっぱ家でみんな壁は見張っておかないとね。

一茂:

だいじょぶです。セコムつけとけば。




(中居正広さんに)
中居さんね、よく言うじゃないですか「自分が結婚不適合者だ」って。言うけど、結婚適合者なんてまずいないから最初から。結婚がうまく行くか行かないかなんてわからない。してみなきゃ。



(孫正義さんについて)
孫さんって実はお会いしたことがないんですけども、すごく好きで、やっぱり僕の憧れだったスターの王(貞治)さんを、ちゃんとこう…手厚く、ソフトバンクという企業をあげて、ちゃんとしたポジショニングに就かせてて。いろんな王さんの才能とかも含めて、いまだにまだちゃんとこう…尊重、尊敬してくれてるみたいなところが。



(高額の有料SNSに関して)
例えばね、ダルビッシュさんが、カーブの投げ方、握りだとかを動画でしますと。1万1000かけて。ダルビッシュのようにカーブが投げれるかっつったら投げれないですよ。はっきり言うと。



(前園さんの20年前のCMを見て)
いいことは言ってますよ。真理はついてるよね。



張本(勲)さんはね、某週刊誌で「本当にこの大馬鹿者。とっとと辞めろ」って、僕は書かれた時があったんですが。



(マラドーナがファンと揉めたというニュース)
やっぱりこう…破天荒な人もいた方が、世の中殺伐としないんだと思う見方もあり、炎上させる方たちもいると。



ドラフトの時とか契約の時とかに保護者同伴っていうのが増えてきたんですよ最近。



小学校の時に、まだ覚えてんだけど。運動会の時に、僕リレーの選手だったんですけど一応。始まる前に親父が入ってきたんですよ。小学校の3年か4年の時。そんとき先生がびっくりしちゃって、運動会が中断しちゃったんですよ。



(極楽とんぼ・山本圭壱さんの復帰)
心情的には、社会的に復帰してもらいたいし、彼の今後のこと考えると、やっぱりテレビというかお笑いなんだと思います。



[スポンサーリンク]