ワイドナショー画像 前園真聖が見当違いのAV作品評を答え東野幸治から「そんな話じゃないですから」とたしなめられる 2015年10月4日
意思に反したAV出演契約は無効と判断されたというニュース。通常なら契約不履行で多額の違約金が発生するケースですが、今回は違約金ゼロで、これは非常に稀なことだそうです。東野さんからこのニュースの感想を求められた前園さんは、なぜか「ストーリー性が大事」と作品評を始めるのでした笑 


[スポンサーリンク]



意思に反した出演は無効

番組ナレーション:
 

アダルトビデオへの出演を拒否した20代の女性が、プロダクション会社に違約金およそ2400万円を請求された訴訟の判決で、東京地裁が「本人の意思に反した出演は許されない」として請求を棄却していたことがわかりました。

判決などによると、女性は高校生の時にタレントとしてスカウトされ業務委託契約を結び、その後、意に反して露出度の高いグラビア撮影をされ、20歳になると会社が無断でアダルトビデオの出演を決定し、出演後、さらに出演契約を結ばされたといいます。

相談を受けている民間の支援団体によりますと、今年になって寄せられた相談のうち、多くがアダルトビデオの出演をめぐるトラブルだといいます。なお、プロダクション会社は控訴せず、この判決は確定しました。

東野:

さ、こちらのニュースでございますけれども。犬塚弁護士。裁判、判決確定しましたけれども。

犬塚浩弁護士:
 

判決によりますと、20歳になったところで、露出度の高い撮影をした後にアダルトビデオに出演させた後に新たにもう1回契約をして、出演することを約束した…


ワイドナショー画像 犬塚浩弁護士「成年になった後のAV出演契約が破棄されたのは非常に珍しいケース」 2015年10月4日

東野:

本人もサインしてるんですよね。

犬塚:

そうですね。そこで一旦サインをしております。で、残り9本ぐらい出なければならない、もし出なかった場合は1000万円の違約が発生するというところで、女性の側が解除しました。

争点となりましたのは、こういう場合に違約金が発生するのかということでありまして。2500万円の請求をしたんですけれども、裁判所はこれを認めなかったということでございます。法律の世界からすると非常に例外的なケースですね

石原良純:
 

ほんとちょっとの…要するに「歌うたって来いよ」って言われたとするじゃないですか、契約してたから。そしたらそれはやらなきゃいけないんですか。それは事務所に訴えられたら違約金が発生するわけですか。

犬塚:

要するに成年になってからの契約っていうのは、基本的に拘束力を持ちますから。もちろん否定できるケースもあるんですけど、基本的には拘束されると…

良純:

だからって何千万もね、その額がやたらでかすぎるような気もするんだけど。

犬塚:

はい。額の高さが争いになるというのはわかるんですね。要するに1千万請求しても損害ってのはせいぜい10万だ20万だと…

松本:

結局はね。

犬塚:

この事件は「ゼロ」だっていうふうに判定をしたところが…ま、そこは大きなポイントなんですね。

松本:

ほうほうほう。

東野:

契約社会の中ではちょっと珍しい判決だということですよね。

犬塚:

そうですね。




流されやすい業界

東野:

エマさん。やっぱ女性の立場からするとね、かわいそうな話のようにも感じますけど。

松本:

どうなんですかねー。

宮澤エマ:
 

そうですね。ま、何でしょ…今、ちいちゃい女の子とかに聞くと、「将来の夢はアイドル」とかってよくあるじゃないですか。で、この業界に憧れて出てくる人ってたくさんいて、その中で何をやったらもっと有名になれるって…そんなレールが敷かれてる業界じゃないじゃないですか。


ワイドナショー画像 宮澤エマ「芸能界はどうすれば成功するかのレールが敷かれてないから流されやすく怖い」 2015年10月4日

東野:

うんうん。

エマ:

だから、「これをやらないと君は売れないんだよ」とか「君にはこういう需要しかないんだ」って言われたら、そうなのかなって思っちゃうことってたくさんあると思うんですよ。

東野:

取りあえず最初ちょっとセクシーな写真とかセクシーな動画撮らないと、芸能界の入り口入れないから(と言いくるめる)…

エマ:

そうそう。で、たぶんそれをやったら、じゃ今度もうちょっともうちょっとってなって。よく聞くじゃないですか、グラビアの方とかで年齢が上がってきたら面積がどんどん少なくなってったみたいな笑い話。

東野:

水着とか下着の面積がね。

エマ:

でも、笑い話じゃないよなって思うんですよね、なんか。それって…いいの?っていう。なんか…何のために自分が脱ぐとか脱がないっていうのを、自分の中で明確じゃないままに「やらなきゃ君は売れない」って言ってどんどん流されて行ってしまう怖さっていうのは…たぶんこの業界にいる女性はみんな知ってると思う。

松本:

どのぐらいの言い方をされたんですかね。

東野:

…っていうのもありますし。




きちんと契約すべき

東野:

え?でも契約してます?エマさんは、事務所に。

エマ:

事務所と契約もちろんしてますけど。はい。

松本:

えっ?

東野:

はー、してるんですか。

エマ:

はい。えっ?事務所入る時みんな契約しないんですか?

東野:

いやしてないです我々。

松本:

あー吉本はないですよ。

バカリズム:
 

ないです。


ワイドナショー画像 松本人志 バカリズム 宮澤エマ「事務所入る時みんな契約しないんですか?」 2015年10月4日

良純:

うちは個人事務所みたいのもないし、石原プロもないですよ。

エマ:

あ、そうですか。

東野:

契約してる事務所もあれば、ほんとに…なんとなく所属タレントになってっていうパターンも…

エマ:

だから…以前この番組でもお話ししたと思うんですけど。私は一応、弁護士の方に見ていただいたんですね、契約書を。

東野:

あーそっかそっか。

松本:

ちゃんとしてんなー。

エマ:

でも、それをしようって思う人ってどれぐらいいるんだろうと思うし、まして未成年だったらそんなこと絶対しないじゃないですか。いや怖いですよやっぱり。


[スポンサーリンク]


“ユーザー”の目線から

東野:

バカリズムさん、このニュースどういう印象ですか。

バカリ:

あの…ま、ちょっと僕は…ユーザーとしてすごい残念なんですよ

良純:

ユーザー笑

東野:

AVのユーザーとして。

バカリ:

ユーザーとして…


ワイドナショー画像 バカリズム「AV出演で揉めるとユーザーとして悲しくなり邪念になって作品が楽しめなくなる」 2015年10月4日

松本:

うんうんうんうん。

バカリ:

やっぱり、あの…本当に生きがいをもってやってもらってる人の作品ってやっぱこう…楽しめるんですけど。いやいややってるなって…やらされてるんだとかってなると、やっぱりまたちょっと悲しい気持ちになって、こう…邪念になってこう…もう楽しめなくなるので…

松本:

マジで!? 俺まったく逆やわ。

エマ:

えぇっ!?

松本:

ちょっとイヤイヤやってるぐらいの方が俺、興奮するけどな。

東野:

それはいろんなユーザーの意見ありますけどね。今回のニュースには全く関係ないし。ごめんなさいね、すいませんホントに。もうあきれるでしょ?

山崎夕貴アナ:
 

いやあきれます。はい笑


ワイドナショー画像 「AVは嫌々やってるぐらいの方がいい」と言う松本人志に山崎夕貴アナウンサーが「あきれます」 2015年10月4日

東野:

これが一人娘の父ですからね。

松本:

ハッハッハッハ笑

東野:

エマさんの悲しい顔見ました?

エマ:

嫌ですそんなのー笑

バカリ:

こういうことが起こってしまうと、実際にこうなんか変な…見る時に、あーいろいろあるのかなとか思っちゃって、楽しめなくなるんで。

東野:

でもこういう相談が多いらしいですよ。今年になって相談59件のうち多くがアダルトビデオ出演をめぐるトラブル…

バカリ:

えぇぇーっ(残念そうな顔)

犬塚:

そうですね。まぁなかなか女性の側も踏み切れるようなケースばっかりではないので。その進め方がだんだん強引になってることは間違いないと言えますよね。

松本:

うーん。




高校生に聞いちゃダメ

東野:

ワイドナ高校生の前田さん。

前田航基:
 

はい。

松本:

前田くんはいくつやったっけ。

東野:

高2?

前田:

高2です。


ワイドナショー画像 ワイドナ現役高校生の前田航基がAVについて聞かれ苦笑 2015年10月4日

東野:

松竹芸能ですよね、所属事務所。

前田:

そうです。

松本:

でも前田くん見られへんねんもんね。

東野:

まだAVは…

前田:

そうですね、はい。

松本:

フフッ笑

前田:

フフ笑 そうですね。

東野:

その…エッチな本みたいなんはベッドの下とか、我々世代…ごめんなさいね。こんな時に前田さんに振った僕が悪いんですけど笑

良純:

ハハハハ笑

松本:

そうやんな。ここで前田くん…

東野:

違うんですよ。これね…

松本:

AVといえば前園さんでしょ。

バカリ:

アハハハハ笑

東野:

前園さん。

松本:

前園さんでしょ、AVと言えば。

前園:

(おもむろに登場)

松本:

ね?

前園:

ま、最終的にはストーリー性が一番大事ですね


ワイドナショー画像 前園真聖が「AVは最終的にはストーリー性が一番大事」と流行語大賞レベルの名言を残す 2015年10月4日

東野:

ハハハハハハ笑

バカリ:

ハッハッハッハ笑

東野:

違うんですよ。そんな話じゃないんですよ笑


[スポンサーリンク]