ワイドナショー画像 松本人志「今年のM1グランプリは大成功。穴があくほど真剣にテレビを見た」 2015年12月13日
5年ぶりに復活のM1グランプリでトレンディエンジェルが優勝。松本さんは「審査員でもないし他局だから」と躊躇しながらも、「大成功だった。穴があくほど見た」と太鼓判を押してました。
確かにM1ならではの緊張感は失われていませんでしたよね。
最後にはあの話題の女芸人さんへのラブコールも飛び出しました。


[スポンサーリンク]



良い大会だった

番組ナレーション:
 

5年ぶりに復活!結成15年以内のコンビで競った漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2015」。今大会の大きな特徴は、M-1歴代王者9人が審査員をつとめたことでした。そんな賞レースを制したのは、結成11年目のトレンディエンジェル。サンドウィッチマン以来2組目、敗者復活からの劇的な優勝に会場が沸きました。


ワイドナショー画像 M1グランプリ2015を制したのは敗者復活戦から勝ち上がったトレンディエンジェル 2015年12月13日

東野:

さ、えーM1グランプリが帰って来ました。これはどうしても松本さんに聞かなければ。なんかね…やはり感想とかいろいろ求められませんか?

松本:

すごい求められます。でも僕は今回もう全然審査員もやってないし、まして他局ですから、あんまりそういうのもどうかなと。でも大成功じゃないですかね

東野:

ねー。

松本:

うん。

東野:

なんか盛り上がったなーという印象はありますし。


視聴率M-1グランプリ2015の視聴率
関東17.2% 関西21.4%

松本:

そうですね。でも僕ちょっと…なんやろ。1回なんかこう言いたいことがあってね。あの…こういうお笑いの賞レースになると、なんかどっからともなく「笑いに順位つけんのはどうやねん」っていう声があるじゃないですか。


ワイドナショー画像 松本人志「笑いに順位をつけるのは本人たちが自分でエントリーしたこと」 2015年12月13日

松本:

で、前から僕、1回ちょっと言いたかったんですけど。いや、そうなのかもしれないですけど、でも順位つけられたいっていう子らたちが何千組いて、「つけてくれ」って言って来てるわけですよね。

だから別にね、俺らM1なんか出たないって言ってるコンビにですよ、勝手に見に行って楽屋行って「お前ら不合格や」って言うてるわけじゃなくて、エントリーしてる人たちの中から選んでるんで。

僕はやっぱり…いいことじゃないかなーと思うんですよ。で、やっぱこういうのがあった方が絶対お笑い盛り上がるし、世間的にも漫才をもっと認知してもらって、面白い子いっぱい増えて来て。僕はM1ってのはすごい日本のお笑いを広げたと思うんでね。これはやっぱり…

東野:

いい大会ですよね

松本:

いい大会だと思うんですよ。

東野:

もうすごい緊張感が…人生で味わったことのない緊張感の中で漫才して、スベったらもう地獄ですけど。勝てばもうね、総取り…

松本:

でも、勝ったからとして必ずしも売れるわけじゃないし、別に3位だってすごい仕事増える人たちもいるわけやから。ま、その時のたまたまの順位であって、結局はみんなにとってそんなに悪い話ではないと思うんですよね。




今年一番真剣なテレビ

東野:

さ、SUさん。SUさんはハライチとお友達っていう…うかがいましたけども。ハライチさんは、えー今回は残念ながら…SUさんが悪いんじゃないですけど、9位で最下位だったんですけど笑

松本:

最下位いうてもな笑

東野:

最下位でもあれなんですけど。どうですか。

RIP SLYME SU:
 

なんか連絡取ったら…僕は「面白かった、すごい笑ったよ」っつったんですけども。あの出囃子の「イザガンガンガン(because we can can can…)」って…あれの恐怖症だって言ってました。


ワイドナショー画像 RIP SLYME SU「友だちのハライチは今年のM1グランプリで最下位となり出囃子恐怖症になった」 2015年12月13日

松本:

はぁー。

東野:

ご本人は恐怖症…でも我々見てる方からすると、あの曲が流れると、あーM1やーということで。なんかその…2015年、2時間30分の特番ですけど、俺一番真剣に見た2時間30分で、テレビを。

松本:

あー俺も真剣に見たなぁ。

東野:

なかなかテレビを真剣に見る機会も、あんまりなくなって来てるじゃないですか、長時間。でも2時間30分…うわ久しぶりに真剣にテレビ…

松本:

穴のあくほど見るみたいなね、なんかほんとに穴があくほど…

東野:

見ました。


[スポンサーリンク]


もっとワイルドな笑いを

武田鉄矢:
 

でも、この手のグランプリで競い合わせると、笑いってその…番組用とか、そのなんかこう…グランプリ用の笑いになってしまわない?

松本:

しまいます。

武田:

ですよね。

松本:

でもこれ用の、たぶんそうですよね。

東野:

これ用の漫才を作ってるっていう。

武田:

はぁ~。

松本:

思いますね。だからちゃんとした劇場っていうか、NGK(なんばグランド花月)みたいなとこで見たい漫才とは、また僕はちょっと違うような気は確かにするんですけどね。

東野:

確かにM1用の漫才という言葉もある…

武田:

あの…柔道っていうのは、自分たちがやってた頃と今の柔道って、もう全然違うんですよ。

東野:

はいはい。

武田:

だから、規則が決まれば決まるほど、国際化すればするほど、柔道ってのは本質がこの…薄れていくような気がしてね。で、お笑いっていうのはさ、松ちゃん。


ワイドナショー画像 武田鉄矢「M1グランプリ用の笑いは物足りない。もっとワイルドな笑いを求める」 2015年12月13日

松本:

うん。

武田:

もうちょいワイルドであっていいんじゃねーかなー。

松本:

と言いますと、どういうこと…

武田:

いやなんか、こういうとこ…セットもので2人並べさせないで、ワイルドで野に放ったらどうなのかなと思ってさ。そんな戦いもいいんじゃないかな。

松本:

ほうほうほうほう。

武田:

例えばもう、ライブでいきなり…道端でやれとかね。

松本:

あー。

東野:

うーん。

武田:

あの…やっぱり、なんというか…門付けというか、そういうワイルドさって、ちょっとお笑いって持ってた方がいんじゃねーかなー。


門付け(かどづけ)人家の門前に立って芸を行い金銭を受け取る日本の大道芸の一種。

松本:

ちょっとゲリラ的な要素を…

武田:

ゲリラ的なね。だって、時代を変えたお笑いの人たちって、やっぱみんな掟破りの人たちだよね。松ちゃんたちもそうだけどね。

松本:

ンフフ笑

武田:

掟破りだもんな。

東野:

そうですよね笑

武田:

やっぱりあの…グランプリ用のお笑いじゃないもんな。やっぱあの…ほら、反感買うかもしんないけどやっちゃうっていう、覚悟みたいなものがお笑いの要素ん中に入ってくるじゃない。

松本:

うんうん。

武田:

コント55号からドリフターズから、やっぱりお客さんを笑わせつつも、世の中の30%ぐらいの人から罵倒される笑いじゃない。なんかね、そういう…

松本:

そういう人たちは減ってきてますよね、でもね。

武田:

ですよね。

東野:

そういうお笑いってのも、もっと見てみたいと。

武田:

見てみたいですねーやっぱり。




女性コンビの優勝がほしい

東野:

このトレンディエンジェルが、じゃあもう2015年から2016年、これ大活躍になるとは思いますし。ね、ちょっとまたスターになってほしいですよ。

松本:

そろそろ女コンビも出てきてほしいねー優勝ねー、まだ1人もいないじゃない。


ワイドナショー画像 M1王者のトレンディエンジェルを引き合いに松本人志「ハゲが開き直ると面白い。アジアンの隅田も開き直れ」とエール 2015年12月13日

東野:

男女コンビじゃなくても…

松本:

ハゲがこんだけ開き直ったら面白い漫才できんねんから。隅田も開き直れよー。


隅田美保
ワイドナショー画像 M1グランプリ王者トレンディエンジェルのように開き直れと松本人志からエールを贈られたアジアン隅田 2015年12月13日
相方の馬場園梓とともにアジアンとして活躍中。先日、「ブスと言われるのが嫌」と引退騒動が報じられた。

東野:

ハッハッハッハ笑

松本:

隅田ー!

東野:

ね、隅田さんね。

松本:

隅田、お前も開き直れ。

東野:

隅田さんと話したいわー。全然会ってくれへんから隅田さん笑


[スポンサーリンク]