ワイドナショー画像 ヒロミ 何でもハラスメントで生きづらい社会になっている 2015年9月20日
コミュ障に「なんか喋ってよ」と言うコミュハラが話題。番組では様々なハラスメントが紹介される中、あれもこれもハラスメントで何も言えなくなるという「ハラスメントハラスメント」なる言葉まで飛び出しました。まさにヒロミさんの言う「生きづらい社会」だと思いますね。


[スポンサーリンク]



生きづらい世の中

佐々木恭子アナ:
 

(視聴者の声を紹介)「コミュハラ」という言葉が話題のようです。ここまで来るとどこまでがハラスメントかよく分からない気がしますが、みなさんはどう思いますか」という投稿をいただきました。で、コミュハラっていう言葉はご存知でしょうか。

松本:

あんまりわかんないです。

佐々木:

これはですね、実はツイッターでつぶやかれた言葉が共感を呼んでどんどんと広がり、1万リツイートされたものなんですが。まずこちらその文面をご紹介したいと思います。


8月28日のtwitterコミュ障に対する「大人しいよね」「なんか喋ってよ」といったコミュハラ(コミュニケーションハラスメント)の被害を広めてゆきたい。これはハゲてる人に「ハゲてるね」「毛生やしてよ」と言うようなもので、コミュニケーションモンスターは、これがいかに酷い言動であるか自覚すべきである

松本:

ほ~。

佐々木:

これに1万リツイートあって、非常に共感を呼んだということなんですが。
ヒロミさん、この「大人しいよね」っていうのがもうハラスメントととられると。

ヒロミ:

いやもうこのハラスメントって、どんどん大きくなっちゃってるじゃない?もう色んなのにハラスメントがくっついちゃってるから。
そうすると、ほんとに生きづらくなっちゃっうしあの…まぁ会社なんかだと、ほんと…何も言えなくなっちゃうからね。


ワイドナショー画像 ヒロミ 経営者の立場からハラスメントに気を使って従業員とコミュニケーションが取りづらいと語る 2015年9月20日

松本:

いやほんとよ。パワハラとか言われちゃうと…

ヒロミ:

もう言えないよ。ほんとにね、あの…「彼氏できたか?」とか「彼女できたか?」っての、いけないんだから。

佐々木:

セクハラですよね。

ヒロミ:

それセクハラだからっていうふうに…僕も従業員とかに聞かないもんね、そういう細かいこと。なんかこう…嫌だったら可哀想だなーとか思って。

佐々木:

じゃもうなるたけそつのないようなコミュニケーションしようみたいになってきますよね。

ヒロミ:

そう。で、こうやってマスコミもいろいろとやるから、ほんとに今の若い子って、パワハラとかセクハラとかそういうのが、オレらよりもはるかに染み付いてるから。
そういうことがあると「あ、パワハラだ」とかっていう言葉がもう頭に入ってるから。そういう人たちが社会にどんどん出て行くと、これから大変だと思うよ。

松本:

良くないわー。




ハラスメントハラスメント

佐々木:

松本さん、そんなコミュハラ。

松本:

僕なんかに言わしたら、ハラスメントをやめろ…ハラスメントハラスメントっていう。

佐々木:

ハハハ笑

松本:

ハラハラだっていう…ハラスメントがもうハラスメントですよ

佐々木:

何も言えないじゃないかーと。

松本:

何も言えない。ほいで…偉い人が何か意見言うとパワハラって言われちゃうと、偉い人は何も言えないのかって…偉くなり損かみたいな話になってきますからね。


ワイドナショー画像 松本人志 ハラスメントのせいで何も言えなくなる「ハラスメントハラスメント」だと嘆く 2015年9月20日

佐々木:

パワハラのみならずモラハラ、モラルハラスメント。「こんなこともわかんないのかー」とか、目の前で露骨にため息や舌打ちをするとか。チッてやってしまうとか。例えばそういうこともモラルハラスメントって今…

松本:

あーそうなんだ。

芸能リポーター 井上公造:
 

でもその基準ってね、このハラスメントって、例えばセクハラでもそうですけど、相手が自分が嫌いな人じゃなければそうならないですよね。だからその基準って女性にかかってるわけでしょ?だから「髪の毛切ったね」と言ってもセクハラって言われる…それじゃもうコミュニケーションとれないですよね。


ワイドナショー画像 井上公造 セクハラは基準が女性側にあるから扱いにくい 2015年9月20日

佐々木:

受け手の問題がやっぱり…犬塚さん、ここ大きいんですか?

犬塚浩弁護士:
 

そうですね。あの…判断基準非常にわかりにくいんですけれども、基本受けた側の気持ちを基準として、平均的な女性がどう感じるかというふうに言うんですけど。
実際それが何なのかっていう…先ほどおっしゃったように、ある言葉もAさんが言うとハラスメントになるし、Bさんが言うとならないっていうところで…基準は非常に難しいですね




1000万円の賠償も

佐々木:

実際、裁判になった場合、例えばセクハラとか。どのぐらいの賠償になってるんですか?最近日本では。

犬塚:

特にセクハラの場合は単なる発言だけでは伴わないでですね、そこからどんどん発展して行くんですね。
で、一番大きいのはよくご存知の横山ノックさんの事件の時にはですね、名誉毀損とか強制わいせつ的なものがあったので、1000万円以上の損害になりました。


横山ノック氏の事件1999年の横山ノック元大阪府知事のセクハラ訴訟では、部下の女性に対する名誉毀損などを含め賠償額は1000万円以上となった。

佐々木:

へぇ~。

犬塚:

ま、ハラスメントの場合は、ただ単に発言ではなくて、例えば解雇の問題ですとか侮辱の問題につながるという…そういうことで損害金ってのはどんどん広がってしまう可能性がありますね。

松本:

ほぉ~。

佐々木:

今ほんとにハラスメントハラスメントっておっしゃいましたけども…

松本:

いや、彼女なんか何言われると嫌なのかなとか思って。

ワイドナ現役高校生 飯豊まりえ:
 

いやーでも私はあんまり何言われても傷つかないですね。

松本:

でも「可愛いね」っていうのもダメっていうもんね?

飯豊:

えっ?なんでですか?


ワイドナショー画像 飯豊まりえ 「可愛いね」はセクハラと感じないが「足がきれい」は見られてると意識する 2015年9月20日

松本:

なんでなんでしょう。

井上:

あなたに言われると不愉快だっていう…

ヒロミ:

「可愛い」も不愉快だって言われたらもう何も言えないよね。

佐々木:

例えばじゃあ「足がきれいだね」とかはどうですか?

飯豊:

あ…「見られてる」って…

松本:

「気持ちわりー」ってなる場合もあるね。

ヒロミ:

セクハラになる場合もあるね。


[スポンサーリンク]


様々なハラスメント

佐々木:

実際ハラスメントって本当にいっぱいありまして。スモークハラスメント(スモハラ)、タバコですよね。自分は吸いたいと思ってないのに浴びせられる煙とか。カラオケハラスメント(カラハラ)。

松本:

カラハラ。

佐々木:

歌えと強要する。

ヒロミ:

あー。

佐々木:

テクノロジーハラスメント(テクハラ)。ITに長けた者が「えっ?こんなの使えないの?」みたいなことを言うとか…

松本:

いやいやいや笑

井上:

こんなのもあるんですか。

佐々木:

はい。あとブラッドタイプ・ハラスメント(ブラハラ)。「あっ!どうりで何型だと思ったー」みたいな、血液型によって先入観でしゃべるとか。あと、ゆとりハラスメントというのは…

松本:

これ嫌がる人多いです…

佐々木:

「ゆとり世代!やっぱりゆとり世代」っていうのを嫌がるという。

漫画家 蛭子能収:
 

もう…しゃべれなくなっちゃう。

佐々木:

あとマタニティハラスメントとかね、ありますし…




被害者意識過剰のケースも

社会学者 古市憲寿:
 

本当のハラスメントもあると思うんですけど、なんか僕…いじめられっ子の自意識過剰がすごい嫌いでなんかすごく自分が過度に注目されてると思い込んでる。
別に誰も君なんか見ていないのに、たまたまかけた「大人しいね」って言葉が「コミュ障だから声かけたんでしょ?」とかって言って過剰に反応しちゃう。そういうことがけっこう起こってると思うんですね。それがなんかすごく…気持ち悪いなと思っちゃうんですよね。


ワイドナショー画像 古市憲寿 いじめられっ子の自意識過剰が嫌い 2015年9月20日

松本:

あぁ~。

佐々木:

でも実際にこの投稿があって1万人ぐらいが「そうだそうだ」って共感してる人がいるっていうこともまた…ね?

古市:

そう。だからもちろんね、本人のそういうふうに感じる人の気持は大事にしなきゃいけないけれども。
でも一律の正解はないわけですよね、ハラスメントって。みんなに適用した方がいいって基準は。だから1回1回たぶん…考えなきゃいけなくて、それがたぶんコミュニケーションですよね。ほんと難しいですよね。相手によって正解がないっていうと。

松本:

うわぁ…そん時の気分にもよるしなー。




前園さんのハラスメントは?

佐々木:

でもまぁなんか、本当は少し我々も「あっ、そういうこと言わないでくださいよ」みたいに打ち返せればいいんでしょうけれど、そう言えない人にとってはハラスメントと名前がついて…傷つく人もいるんだよってことが認識されるのはあるんでしょうけどね。

ヒロミ:

こういう言葉いっぱい作っちゃうと、いろんなのに当てはまっちゃうじゃん。だから何個かだけにして…くんねぇかな。

古市:

ハハハ笑

松本:

前園さんもあるんでしょ?困ってるハラスメント。ね?前園さんが困ってるハラスメント、あるんでしょ?

前園真聖:
 

僕ですか?いや僕はそんなにはないですよ。


ワイドナショー画像 前園真聖 ハラスメントは気にならないが、強いて言えば松本人志のお酒ネタ 2015年9月20日

松本:

あーそう?その中でも何かあるんでしょ?

前園:

えっ?

松本:

このハラスメントが一番嫌だなってハラスメントあるんでしょ?

前園:

…あ、あります。ま…そんなに僕は気にしてないですけど。

松本:

例えば?

前園:

やっぱあの…お酒ですよ。

佐々木:

アルハラ。

ヒロミ:

アルハラ。

前園:

だから松本さんそうですよね

松本:

ハッハッハッハ笑

佐々木:

じゃ松本さんに対してはパワハラに感じる時あります?

前園:

アルハラに感じますね。




おまけ B面エンディング

松本:

だから僕、「頑張ってください」も、こっちが気分悪い時あんまりうれしくなかったりもしません?

佐々木:

あ~。うんうんうん。

松本:

僕らけっこう道で「頑張ってください」って言われるんですけど。場合によっちゃね、「いや頑張ってるし!」と思っちゃいますね。

佐々木:

何が言いたいねんってなったり…

松本:

そうそうそうそう。


[スポンサーリンク]