ワイドナショー画像 東国原英夫 パンツを見せるバラエティから森喜朗の政治手腕まで幅広い解説を展開 2015年8月30日
週刊少年サンデーの新編集長による大改革のニュース。ワイドナB面にしては珍しくまとまったトークになりました。中でも面白かったのは東国原英夫さんですね。パンツを見せるキャディが面白い!と盛り上げた1分後には、何の違和感もなく森喜朗氏の政治手腕を批判してます。


[スポンサーリンク]



新編集長の決意表明

佐々木恭子アナ:
 

(視聴者からの声を紹介)
「少年サンデーの新編集長が今後の編集方針について異例の宣言文を誌面に掲載し話題を呼んでいます。トップに立つ者としての責任感、作り手としての情熱を感じました。こういう人に政治家になってほしい!」という投稿をいただきましたが、詳しくはどんな宣言文なんでしょう。

秋元優里アナ:
 

はい、詳しくお伝えします。「週刊少年サンデー」に新編集長が就任し、決意表明ともとれる異例の大改革宣言を掲載しました。
「週刊少年サンデーは今後、新人作家さんの育成を絶対的な使命とします。この方針に反する行動をとる編集部員は容赦なく少年サンデー編集部から去ってもらいます。

秋以降、多くの連載作品が誌面を去り、代わりに才能溢れる新人・若手作家さんが次々と誌面を賑わすことになります。」

と、一方で「中堅・ベテラン作家さんの力も絶対に必要。伝統と革新の絶妙なバランスこそが、雑誌の『雑』の部分を魅力的に形成する原動力だと僕は確信しています。」

新編集長の市原武法(たけのり)さんは、「信長協奏曲」の石井あゆみさんなど新人作家の育成に力を入れてきた、漫画界では名の知れた人物。

また今後の掲載作品の決定については「編集長である僕がただ一人で行います。僕の独断と偏見と美意識がすべてです」と言い切り、「今後の少年サンデーの運命の責任は僕一人が背負うという覚悟の表明でもあります」というコメントもあわせて掲載しています。


ワイドナショー画像 東国原英夫 週刊少年サンデーの新編集長・市原武法が誌面で決意表明 2015年8月30日

佐々木:

さあ、ここまで強いメッセージを出しました。「僕一人が掲載作を決めていく。この方針に従わない者は編集部から去ってもらう」という。

松本:

うーん。




相当の自信と覚悟がある

佐々木:

松本さん、まずここまで聞いてどうですか?

松本:

これはすごいですね。一歩間違うとこれ独裁者ってことですからね。でもそれ覚悟での発言というか、これは大したもんですよね。相当の自信がないとできないことだと思いますね。

南海キャンディーズ山里亮太:
 

ギャンブルですよね、ここ一発逆転の。ただあの…こういう方々が見つけてきた新人がその雑誌社を救うってことはけっこうあって。やっぱ「進撃の巨人」を見つけてきた方なんてのは、あれだけで講談社が一気に盛り返したってぐらい。


ワイドナショー画像 松本人志&南海キャンディーズ山里亮太 週刊少年サンデー復活のカギはあだち充のMIXにあるかもしれない 2015年8月30日

雑誌社を救う2013年11月期、講談社は18期ぶりに増収。「進撃の巨人」のヒットが大きく影響した。

松本:

そっかそっかー。

山里:

それひとつ見つければ、漫画は復活するんで、たぶんサンデーもけっこう面白いんですけど、今雑誌全体が落ちてきてるんですよ。サンデーに限らず全部が。
だからそん中ではこのギャンブルぐらい仕掛けないと雑誌の復活はないっていう、すごい決意のもとだと思うんですけどね。

松本:

いやーすごい…すごいんですよ。

佐々木:

今お話にもあった、なぜじゃあこんな大改革に臨んだのかなんですが、やっぱり実際に発行部数が減ってしまってるんですね。


発行部数の減少週刊少年サンデー 38.8万部(-12.8%↓)
週刊少年ジャンプ 239.5万部(-10.5%↓)
週刊少年マガジン 112.7万部(-9.4%↓)

佐々木:

3大少年誌でも、週刊少年サンデーは今はもう40万部を切ってしまってます。
で、他の2大誌も確かに減ってはいるんですが、その減少率として一番この週刊少年サンデーが痛手を食ってしまっているんですね。




東国原知事はボトムアップ

佐々木:

東さんが知事の時ってどういうリーダーシップを…

東国原英夫:
 

僕はあの…基本的にトップダウンじゃなかったです。そういうふうに見えてたんですけども。

佐々木:

はい。


東国原知事県知事時代は自らを「宮崎のセールスマン」と称し、宮崎マンゴーや宮崎地鶏などを次々とヒットさせた。

東国原:

私はマンゴーやりますとか肉巻きやりますとか、そういうのは自分で決めたみたいに言ってるんですけど、あれはボトムアップでやってました

佐々木:

あ、みんなで…

東国原:

合議制で。最後僕が印鑑押しますけど。という形でやってました。
ただ、政治家が今あの…田中角栄さんがまたね、見直されてるんですよ。ああいうブルドーザーで、そしてあの知能を持ったとかいうやつね。そういう強いリーダーを望まれてるってことも…そうなんですね。


田中角栄第64・65代内閣総理大臣。やると言ったら徹底してやり抜く実行力から「コンピュータ付きブルドーザー」と呼ばれていた。

松本:

それはあります。うーん。

東国原:

ありますよね。だから今回のサンデーもそうじゃないですかね。ただ、サンデーはちょっと読もうとは思ってませんが。


ワイドナショー画像 少年サンデーはうる星やつらとタッチで終わったと言う東国原英夫に山里亮太がMIXを勧める 2015年8月30日

松本:

ハハハ笑

山里:

面白いですよサンデー。

東国原:

いや、うる星やつらとかあのへんで終わったんだよね。タッチとか。

松本:

うる星やつらはサンデーでした?

東国原:

タッチとうる星やつら…そうだったよね。

山里:

タッチだったら、今ですね、月サン(月刊サンデー)の方ですね「MIX」っていって、タッチの次の世代の子たちでやってたりして…

東国原:

あの頃のタッチで終わりなのタッチは。




「MIX」に注目

山里:

あーちょっと読んで…

佐々木:

「MIX」はまさにこの編集長の市原さんが手がけた…


MIX国民的人気漫画「タッチ」の続編。26年後の明青学園を舞台に描かれている。

東国原:

え?なんでミックスしてるの?

松本:

ハッハッハッハ笑

山里:

いや、MIXってのは昔のあのタッチの頃の明青を…

東国原:

明青をどうしたの?

山里:

いつの間にかものすごい弱小校に…

松本:

あの後の話なんや。


ワイドナショー画像 タッチの続編「MIX」を解説する南海キャンディーズ山里亮太に松本人志も興味津々 2015年8月30日

山里:

そうなんです。もう弱小校になったんです。で、弱小校になって、そこに明青の強かった頃を知ってるお父さんたちが、息子たちを明青に入れて今から明青が復活するっていう…

東国原:

えーっ!?

山里:

ちゃんとあの頃の主人公たちがチラチラ出てくるんですよ。

東国原:

それサンデーでやってるの?

山里:

これね、月刊サンデーで…はい。

東国原:

いいじゃん

佐々木:

ハハハハ笑

松本:

いいですよ。

東国原:

いいよ。

松本:

月刊なんでテンポが遅いんでしょうけどね。

東国原:

これ週刊にしたら我々世代は飛びつくんじゃないの?

松本:

そうですね。

山里:

たぶんこれ編集長があだち充先生に新人の時についたりしてるんで、「俺が編集長になったんで、昔のよしみで週刊少年サンデーでも何かガツンとやってくれませんか?」って言ったら、やってくれたりとかすんじゃないかなっていう楽しさは、この編集長になる以上は…。

松本:

本当に漫画が好きなんでしょうねー。

山里:

本当にサンデーを愛してらっしゃる方で、復活のためにもう…全部自分の生命賭けてくると思いますよね。


{document.write('

松本さんの場合

佐々木:

松本さんにはこういう、何かをクリエイトするような会議って、こういろんな人の意見を聞いた方がいいのか、ある程度こう…才覚を持った人がズバンってやった方がいいのか…

松本:

ねぇ…難しいとこですよねー。

佐々木:

松本さんなんかはどうしていらっしゃるんですか?いろいろ企画会議とかもなさりますよね。

松本:

でもまぁ僕はそうですね、そもそもがそんなにたくさんの人に愛される人間ではないので、割と自分でやっちゃいますね。


ワイドナショー画像 松本人志「掲載漫画を1人で決めるというのはM1とTHE MANZAIの審査員を1人でやるようなもの」 2015年8月30日

佐々木:

なんですかその自己告白。

松本:

いやいやあの…そうですね。やっぱマニアックな人間だと思ってるので、あんまり人の意見より最終的には自分でやろうかなとは思いますが。
うーん…なんかそれこそ M1 とか THE MANZAI のいわば審査員を1人でやるようなもんですよねこれ。

山里:

あーそっかー。

松本:

それはなかなか大変ですよ。

東国原:

松本さんの場合は結果を出してるからすごいんですよ。結果を出し続ければ、その人の感性でばく進してってもいいと思いますよ。

松本:

うーん。

東国原:

他局の話していいですか?

佐々木:

はい。

東国原:

あの…日曜日深夜やってるやつ(ガキの使いやあらへんで)で。ゴルフ場で、あの…「覗いたでしょ」って…

松本:

あの…2、3ヵ月前ですかね。

東国原:

ですね。(松本さんが)キャディやってて、そいでパンツが見えてて…パンツを見てはいけないっていうゴルフ大会、あれ最高に面白かったですよ。


ワイドナショー画像 東国原英夫「ガキの使いのパンツを見てはいけないゴルフは最高に面白かった」 2015年8月30日

松本:

あー。あれは…最高に面白かったですね

佐々木:

ハハハハハ笑

東国原:

あれ、俺正しいかな。あれ最高に面白かったのよ。

松本:

ありがとうございます。これは本当に嬉しいですね。僕もここ何カ月、何年かで久しぶりに手応えのあった…

東国原:

あれは評価されなかったんですか?

松本:

全然されなかった笑

山里:

アハハハハ笑

松本:

全然されないです。

東国原:

あれはだから、松本さんがやっぱ主導して作ったんだろうなという感じしましたよ。リーダーシップもって、「俺はこれで行くんだ」っていう。パンツを見てはいけないゴルフ大会!っていうね。

松本:

ンッハッハッハッハ笑

佐々木:

あれ、チラチラ見せるんですか?

東国原:

うん、見せてるんですよ。(股間の)中にね、またね、タオル入れてるんですよ笑

佐々木:

ハッハッハッハ笑

東国原:

もっこりしてるんですわ笑 もうね…爆笑だった。俺一人で部屋で頭おかしくなるぐらい笑った。

松本:

東さん絶対政治に戻る気ないですよね

山里:

ハハハハハ笑

松本:

完全にもうバラエティになってますよね。




東京五輪でのリーダーシップ

佐々木:

実際になんで一人で決定しようと思ったかというと、やっぱり決定の場に人が多いと結論は角が取れて丸くなってしまうと。なので決定する人数は少ない方がいいということとか。

あとやっぱり新人の作家の方にも「こういうのを描けば受けるんじゃないかな」とか「売れるんじゃないかな」ってことを意識せずに、「自分がこういう漫画が面白いんだと、こういうキャラクターがかっこいいんだ」というような、何かそういう情熱でもって、相手目線に立ち過ぎないで欲しいっていうことをおっしゃってるんですよ。

山里:

そういう目線がちゃんと正しい方が拾ってくれるんだったら本当に…常識にとらわれないすごいのが出てくる時ってのは、そういう人がいてくれないとダメだと思いますよね。

宮澤エマ:
 

なんか、違うのかもしれないですが…同じにしちゃいけないのかもしれないですけど。
新国立競技場のことでいろいろあった時に、その皆さんの「私じゃない、私じゃない」という責任転嫁がすごかったじゃないですか。


ワイドナショー画像 松本人志 南海キャンディーズ山里亮太 ラフルアー宮澤エマ 東国原英夫 2015年8月30日

佐々木:

うーん。

エマ:

あの中でやっぱり、誰かすごい強いリーダーが一人いて、自分が決定したからこれで行きますみたいな人さえいたら、なんかちょっと違ってたのかなぁと思って。
連帯責任って、いい時もありますけど、時と場合によってはなかなか物事が進まないっていうのが…なんか残念だなと思います。

東国原:

あれ森さん(東京五輪組織委員会会長 森喜朗)のね、最大のチャンスだと思ったんですよ。森さんがリーダーシップをとって「これやめましょうよ」と。一千億に収めましょうよと組織委員会委員長ですからね。ほんで、言ったらものすごい森さんが株上がりましたよ。今までのね、10年20年のあの森総理の時のね…

松本:

悪いイメージがね。

東国原:

最後に、78歳になられてね、晩節を汚されずに済んだんですよ。「僕ちょっと国立競技場高いと思うから、安くしましょうよね」と言えばね、リーダーシップをとってね、そういうふうにすれば良かったのに、チャンスを逃しましたよ
やっぱ安倍さんが出てくるしかなかったんですねあの時ね。

東国原:

今回エンブレムもそうですよ。安倍さんが出てきて「もうやめましょう」って言うべきですよね。

松本:

うーん。

佐々木:

まぁでもそういう空気はないですよね。




宮澤喜一氏の場合は

佐々木:

宮澤さん、なにかお祖父ちゃま(宮澤喜一元総理)、リーダーシップについて語ってらっしゃることとかありました?

エマ:

リーダーシップ…うーん…そうですね。
でも祖父の場合は割とこう…とても頭のいい人間だったので、もしかしたらコミュニケーション能力の方で言うと、そこまでこう長けてる人ではなかったのかもしれない。

自分の正しい道を突き進もうとしたら、それを上手く説明できなかったりとか、サポーターを集められなかったりというところはあるのかなと思うので。

やっぱりこう…すごい革新的なアイディアを持ってる人って、同時にそれを説得させるカリスマ性も兼ね備えてないとみんなついてきてくれないのかーとかは思いますけど。

佐々木:

やっぱりこれやりたいと思ったら、応援してくれる人が多分に必要…


ワイドナショー画像 週刊少年サンデー編集長のリーダーシップについて佐々木恭子アナが解説 2015年8月30日

エマ:

たぶんこの編集長の方の下にはすごいブレインというかチームがきっと…信頼する人たちを置くことによって、成し遂げたい方針を…成し遂げていくと思うんですよ。やっぱ一人じゃできないんでしょうけど。

佐々木:

掲載作は全部自分で決めるので、部員の皆さんは本当にその作家と、もう全身全霊で編集マンとして向き合ってくれと…おっしゃってますから。
これからの週刊少年サンデーがどんなふうに変わって行くか、楽しみに見守ってまいりたいと思います。




おまけ B面エンディング

松本:

前にあの…タオルかなんか入れてるっていう…

東国原:

うんうん。

松本:

あれ実はなんも入れてないです。

東国原:

えぇぇぇっっ!?

山里:

アハハハハハ笑

東国原:

えぇーっ!?

松本:

今日は本当どうもありがとうございました。

東国原:

ええぇ~っっ!? でか~っ!


ワイドナショー画像 松本人志の「股間の詰め物は無かった」を聞いて東国原英夫「でかー!」 2015年8月30日

松本:

また会いましょう。

エマ:

ハハハハ笑


[スポンサーリンク]